遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>龍鈍さん
中丸さんばかりでなく、これからはどんどんベテラン層の役者さんたちが
鬼籍に入られることになるでしょうから、そうなった際に
日本映画や演劇界の「層の薄さ」が一気に露呈してしまわないか、という
一縷の不安もあったりしますね……正直のところ。

>アブルっちさん
現在、世界的に猛威を奮っている新型インフルエンザ・ウイルスの件といい……
まだまだ「病気」というものに対して、我々人類の英知と言うのは
脆弱に過ぎる力でしかないのかもしれませんね。

それはそうと、アブルっちさんの仰る通り確かに
「一癖、ないしは腹に一物ある役柄」が多かった生前の中丸氏……
そう考えてみると佐原博士も柴田博士も、確かに単純明快な
「正義の科学者キャラ」とは一線を画すお芝居であったなぁ……と
改めて思い返して、しみじみとしてしまうワタクシです。

http://blue.ap.teacup.com/plamic/
投稿者:アブルっち
 もっと高齢だと思いこんでいたので76歳は早すぎると思います。澁澤龍彦氏や色んな役でおなじみの北村英三氏も死因は動脈瘤でしたっけ。意外と注目されないようですが克服まで遠い病気かも知れませんね。
 中丸氏の存在は佐原博士役で知りましたが、そういう「人類の良識の象徴」みたいな「いい感じのする役」が割と少なくて変な役が多い(しかも「国際秘密警察 火薬の樽」ではハロルド・コンウェイ氏と変な同士で共演している)というのは結構ショックでした。
投稿者:龍鈍(ロンドン)
この記事を読むまで電送人間と佐原博士が同じ人だと気付きませんでした。
亡くなれたのは残念です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ