遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>古塚さん
このスミ入れですが……実はコレ、ただの油性マジックなんですよ(笑)。
マジックで全身のモールドに少しづつスミを入れていき、まだ生乾きのうちに
はみ出た分を親指で拭き取ってやる……という、滋味〜な作業の繰り返しです。
まぁ、そのままでは仕上がりが汚いままになってしまいますから
それをごまかすための銀のドライブラシと、マジックインキをソフビ表面に
定着させるためのクリアーコート吹きは必要不可欠になって参りますが。
投稿者:古塚
過去記事への質問になりますが、このグローザムのスミ入れの方法ってどうやったんですか?

水性塗料でふき取るとかでしょうかね。

http://sky.ap.teacup.com/koduka/
投稿者:さいとうひとし
>Bluehairさん
考えてみれば怪獣デザインのパターンも、「出つくしている」と
言われ続けて久しい状況ですからね〜。
そんな中、魅力的な怪獣を生み出そうと施行錯誤を繰り返しておられる
デザイナーの方たちには、ホント、足を向けて寝られませんですよ。

>さいとうさん、こっそり誤字を直して知らんぷりしてるでしょう(ぇ

ハ、ハハハ、ハテ?
イッタイナニヲオッシャッテルノカ、ワタクシニハサッパリ……?(棒読み)

……と、それは冗談として(笑)はい、仰る通りです(笑)。
投稿者:Bluehair
グローザムの造形には個人的にデスフェイサーとラゴラスを足して二で割った印象がありますね。

>さいとうさん
>ちなみにうちの巨大やプールは〜
改造巨大ヤプールの顔になってましたね。
もしかして、智将がアーマードメフィラスなのも顔の造形の関係ですかね?

P.S.
>本拠地の異空間
さいとうさん、こっそり誤字を直して知らんぷりしてるでしょう(ぇ
あれには敢えて突っ込みませんでしたけどw
投稿者:さいとうひとし
>マッキーさん
グローザムはそのスパルタンな造形&パワフルな殺陣とも相まって
暗黒四天王の中でも貫録たっぷりのキャラクターでしたからね〜。
自らの力に溺れて足もとを見失ってしまう傲慢なキャラクター性も
判り易くてヒジョーに好感が持てます(笑)。

>ゼットソさん
プロポーションと言い、ディティールの再現度と言い、2009年クオリティに相応しい
素晴らしい完成度のソフビですね〜。
「メビウス」放映終了から約2年、この日を信じて
待ち続けた甲斐があったというものです(笑)。

>古塚さん
時間はかかりましたけれど、逆に言えば二時間と少しを費やすだけで
より番組のイメージに近いグローザムを手元における、とも言えるわけで
そういう点では、ディティールUP&リペイント派にも
手軽に楽しむ余地を大いに与えてくれている好アイテムだと思います。
それにしても、暗黒四天王ソフビの発売と外伝「ゴーストリバース」を
巧みに連動させる展開は、王道ながら上手いですよねぇ〜。

>Bluehairさん
やってもやっても終りが見えてこない地味な作業ではありますが、
やりとげた時の達成感というのも(手前味噌ながら)格別でしたね〜。
ちなみにうちの巨大やプールは「宙マン」用のリペイントによって
「メビウス」のそれとは違ったものになっちゃってますので、
今回は先代の邪将で代用です。

デスフェイサーのソフビもグローザム同様、スミ入れ処理でかなり化けますよ〜(微笑)。

>金城誠さん
劇中スチールや実際の映像におけるグローザムは、その能力ですとか
ホリゾントの青の映りこみなどもあって、個人的には
「銀」と同時に「青」のイメージも強かったものですから、
今回は劇中スタイルの忠実な再現というよりも、自らの元イメージを優先して
こんな感じで仕上げてみました〜。

出来はともかく、自分で手を動かして仕上げたものは愛着もひとしおですよね。
投稿者:金城 誠
どもです。
さいとうさんのリペを見て思ったんですが、もとのグローザムって冷凍星人というよりもT-1000のような金属生命体っぽいイメージで彩色されているのではないでしょうか?
それに対して、明るい銀や反射の白、墨入れの青と涼しさをイメージさせる色を中心にした彩色によって、ひと目で「こいつは冷凍攻撃を武器にした宇宙人に違いない!」と連想させてくれる今回の作品。

いやはや、脱帽です。

http://www.geocities.jp/kinzyo913/index.html
投稿者:Bluehair
毎度のことながらこのリペ技術は素晴らしいですね〜。
全身墨入れお疲れ様でした^^;

さりげなく〆の一枚で邪将が先代さんw

後、ついデスフェイサーと見比べてしまうのは私だけですか(笑
投稿者:古塚慎一
おぉスミ入れ塗装でこんなに男前になるとは!
モールドが多くて大変そうですがその努力を裏切らない出来ですね。

残りのデスレムとアーマードグローザムーの発売も楽しみですよね。

http://sky.ap.teacup.com/koduka/
投稿者:ゼットソ
出来の良さが素晴らしいですね。体の針やグローザムブレードまでも再現できてますね。タグと本体の顔を見比べてみたらマジで凄かったです。顔も良くできてます。デスレムにも期待ができますね。宙マンでの活躍も楽しみにしております!
投稿者:マッキー
いつもながら元の商品の出来の良さが、さいとうさんのリペによって更に生かされていますね〜。

頭脳派揃いの暗黒四天王では唯一の武闘派だけあって印象に残るキャラです。己の慢心によるあの最期も含めて(笑)

大怪獣バトルでもストーリーに登場したり強化版が出たりと恵まれている奴ですよね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ