遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>オタクイーンさん
こちらでははじめまして、ようこそおいで下さいました。
そちらのブログでは、いつもお世話になってます。
……トラックバックに関してはこちらに届いた形跡もないようなので
やはりプロバイダや会社ごとの「相性」の問題みたいなものもあるんでしょうかね〜(汗)。

実はこのマイティ、オタクイーンさんのところの記事を拝見して以来
むしょうにシカルナ・工房さんの怪獣が欲しくなってしまい
思い切って購入に踏み切ったのですが……いやぁ、いい買い物をしたと思っております!
造形、塗装、企画の着眼点、玩具としての楽しさ、それらのすべてが
文句のつけようのないほどハイクオリティーなんですよね〜。

シカルナさんの商品は、「世界の怪獣」シリーズももちろんですけれど
完全オリジナル展開の「幻獣シリーズ」も素晴らしいですよね。
根っからボンビーな身には、お値段の方がかなり厳しいトコロではありますが……
慌てずのんびり、自分のペースでゆっくりと一体づつ買い揃えてみたいと思っております。
投稿者:オタクイーン
お邪魔します。こちらへは初めてですね(笑)
TBありがとうございました。返事が遅れ申し訳ありません。先日、こちらからもTB差し上げたのですが、どうも反映されないようで(汗)
多いんですよココログって。ご迷惑をおかけしてすみません。
でもいいですねマイティ。私もダギゴンで感じましたが、玩具的なプレイバリューとデフォルメーションの絶妙なバランス、そして美しい塗装が素晴らしいです。
シカルナ・工房さんのこのシリーズ、私も目が離せなくなってしまいました。元ネタのレア度も尋常じゃありませんし(笑)
フルラインナップして、世界の怪獣総進撃的一大絵巻を再現するのも意義深いですね(爆笑)

http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ