遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>ぐれごーるさん
細部こそアトラクション用に簡略化されているものの、トータルで見れば
かなり忠実な「初代バルタンの再現形」でもありますからね〜、
このファイトバルタンというやつは。

>ライデンジャーさん
温泉に限らず、後方支援の医療体制をおろそかにしていては
勝てる戦も勝てやしませんからね〜。
ま、イフ様はじめ怪獣軍団の場合は、そういう理論性よりも
完全に自分たちの趣味が先に立っちゃってますけどね(笑)。
投稿者:ライデンジャー
やっぱりイフ様って賢いのかも知れませんね。
何とかって温泉の博士が言ってましたけど、戦国時代の武将達も温泉地を狙って、戦を仕掛けてたって説を唱えています。
確かに温泉地を持ってる戦国武将は強いんですよ。
戦で暴れて、故郷の温泉で傷を癒す。
「信玄の隠し湯」なんて言葉も有るくらいですからね。

その博士は、織田信長の敗因は温泉地をゲットしなかったからだろう...とまで言ってますよ。
投稿者:ぐれごーる
改めて見るとファイトバルタンかっこいいですね
投稿者:さいとうひとし
>烏賊蜻蛉さん
そういう意味では、怪獣軍団というのはどの悪の組織よりも
「巡りあわせの悪さ」という点で群を抜いていると思いますね〜(笑)。
やはりこのノホホンとした、いつもの展開があってこそ
たま〜のシリアス編や“悪魔の三姉妹”たちも、より大きなインパクトで
受け入れてもらえるのだ、と思いますので、これからもこの呑気さというのは
「宙マン」シリーズの根幹として大事にしていきたいですね〜。

>古塚さん
なぜグラニアを名古屋弁もどき(そう、あくまでモドキ!)で
喋らせようとしたのか、自分でも正直定かではないんですけど……
気が付いたら、なんかこうなってました(笑)。
ファイトバルタンのCVイメージが平井さん、というのは分かりやすいですね。
平井さんは暗闇暴魔ジンバの声もアテてらした方ですし……。

>ボロボットさん
「宙マン」ワールドでは、ピグモンやビーコンでも普通に入浴させてもらえるんで
要は普段の行状の問題なのだ、と思いますね〜。
あとは、自分たちだけで定山渓温泉のお湯を独占しようなどと
余計な欲さえかかなければ……ね。

それにしても……
「コンボイ司令官のジンクス」は、はたしてゾネンゲ博士の上にも
容赦なく発動することになるのでしょうか(笑)!?
投稿者:ボロボット
>ワシら怪獣のための、一大保養地を新たに築きあげる……
そうでもしなきゃ怪獣を温泉にいれてくれるとは思えないし(笑)
>私にいい考えがある
サイバトロン司令官のことかーーーー!!!
投稿者:古塚
グラニアの声は篠田薫さんで決まりですかね(笑)

ファイトバルタンは平井誠一さんでWSPコンビというのもありでしょうか。

http://sky.ap.teacup.com/koduka/
投稿者:烏賊蜻蛉
罠を仕掛けたわけでもないのに、宙マンファミリーと鉢合わせしてしまう不運な怪獣軍団…(^^;
前回までメガイラがえげつない事してくれただけに、彼らのいつもの調子を見るとホッとしますねw

ファイトバルタンの活躍に期待しつつも

>この私にいい考えがある

ゾネンゲ博士、それ失敗フラグですから!(ヲ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ