遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>マルたもんさん
あはは、そう言われてみればそう見えるかもしれないですね〜、おまんこに。
大丈夫大丈夫、健全な男子の証拠ですっ(爆笑)!

>オタクイーンさん
珍しく、安く入手できる可能性があったんで入札したところ
運よく他に競合者さんもなく、すんなり落札出来ちゃいました。

シカルナ怪獣はそれぞれ魅力的ですので、ワタクシも予算さえ許せば
可能な限りコンプリートを目指したいのですが……
(他メーカーに比べての)単価の高さに加えて、スタンダードのみならず
ミニサイズや特大サイズなど、それぞれの造形や塗装において
独自の魅力を放っているので、気がつくとあれもこれも、と欲しくなってしまうのが
何とも小癪なところですよね〜。
競合メーカーであるマーミットの「怪獣天国」シリーズともども
目が離せないことだけは確かなのですが、同時に目の毒でもあります、
おもに物欲的な意味で(苦笑)。

あ、それはそうと今回もダメでしたか、そちらからのトラックバック……。
本記事内にそちら様のリンクURLを張らせて頂きましたので、
それをもって相互トラックバックに代える、ということでご容赦下さい(ぺこり)。

>ボロボットさん
パッケージ……と言いますか、この怪獣ソフビの原作となった
秋田書店刊「世界の怪獣」の表紙イラストですね、これは。
仰る通り、異様なキワモノ的オーラが濃厚に発散されていて
その毒気に酔っぱらってしまいそうです、この歳になりましても(笑)。

それはそうと「世界の怪獣」シリーズの怪獣たちはどれも
一発ネタゆえのハッタリ勝負と言いますか、言ったモン勝ち! という感じの
無茶設定の数々が、今の目で見るとものすごく魅力的ですよね。
ダギゴンの名前が「ギドン」になっていたりするなど、全編にわたって
満載のツッコミどころと併せて(爆笑)。
投稿者:ボロボット
ちょっ!?パッケージ怖っ!!
なんとも恐ろしい怪獣ですねダギゴン。身長は初代ウルトラマンの半分なのに、倒したらあんなことになるなんて・・・!(詳しくはリンク先をどうぞw
てかなぞの星の怪獣なのに、なんで名前と性質しってるんだ?(笑)
投稿者:オタクイーン
TB及び拙記事のご紹介、ありがとうございました。
ついに入手されたんですね。しかも私のと同じカラーリングを(笑)
こうなったらウチのダギゴンと双子ユニットを組めば、首の数ではキングギドラを凌ぐ迫力に(爆笑)

2ショット写真を拝見して初めて分かりましたが、マイティってかなり大きいんですね。
こうなってくると、私もシカルナ怪獣の収集欲に火が点きそうで(汗)
限定品の特大ザゴラとかもうたまらなくて、オークションに入札しようとする右手を、左手で押さえつけております(笑)

※拙記事もTBさせて頂きましたが、例によって反映されないようでごめんなさい。
まー私のおバカウィルスが拙ブログに移ったということで、なにとぞご勘弁を(涙)

http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/
投稿者:マルたもん
宇宙怪獣マイティとやらがとある秘所のメタファーに見えてしまったのは自分だけでしょうね
・・・やっぱ自覚しないうちに溜まってきてるんでしょうか?ストレスとか・・・

http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k114022626
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ