遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>龍鈍さん
なるほどね〜。
拝見した限りですと、まずはギマイラの角の修復からスタートして
エポパテ等や塗料などの扱いに慣れていく……というのが
順番としてはベターではないかな〜、と。
まぁ、そのあたり実際に手を動かすのは龍鈍さんご自身ですので
あまり過度の口出しは差し控えなければならないですが。
投稿者:龍鈍(ロンドン)
わざわざ記事まで作っていただきだいてありがとうございます。

今のところやってみたいことは
@3歳から持っている山勝のバラゴンが右耳と角が欠けているのを直したいです。 買ってもらってすぐに壊しているんでもう22年そのままです。旧ソフビのギマイラも角がないので着けてあげたいです。
A二体あるバギラの片方を芯にして「ミラーマン大全」に載っていたデザイン画版スフェノドンを作ってみたいと思っています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ