遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>烏賊蜻蛉さん
「剣」での“仮面ライダー”の定義は、都市伝説うんぬんよりもむしろ
あくまでも職業名である、ということの方に重きが置かれていて
中盤以降はそれすらも怪しくなってくる、という代物でしたからね〜(苦笑)。

「W」ではいかにこれから“ライダー”の名を作中で定義づけていくのか
これからも楽しみに見守っていきたいと思っています。

http://blue.ap.teacup.com/plamic/
投稿者:烏賊蜻蛉
一応ブレイドも仮面ライダーが都市伝説になっているという設定だったわけですが、実際は内輪揉めに終始してしまったのが何と言うか…後半は良かったんですけどね(^^;
投稿者:さいとうひとし
>ライデンジャーさん
都市伝説ということで言えば、初代・本郷ライダーからの昭和ライダー勢なんかは
まさにそんな感じで人々の間に語り継がれていってたのかもしれないですね。
だからこそ、マシーン大元帥の言ったような「伝説」化にまで至ったというわけで。

フィリップが「家族の代わり」である翔太郎たちとの絆を深めていく一方で
新たに娘婿を迎えた園崎ファミリーの不健全な歪みっぷりを
相互に対比図として見せていく構成も上手いな、と思います。

http://blue.ap.teacup.com/plamic/
投稿者:ライデンジャー
誰かが呼んだか「仮面ライダー」
都市伝説ってのが笑える・・・のと同時に、泣ける話ですよね。

新しい謎『フィリップの家族』・・・敵さんの家族には昔、男の子がいて、それがフィリップ。
そんな気がしますが、『代わりが見つかった』・・・で、絆が深まる処が、なんかほっとしますね。
投稿者:さいとうひとし
>古塚さん
ここまできたら是非、劇場版「ディケイド」の時のように
TVシリーズでも「仮面ライダー」と名乗って欲しいものですね〜。
きっとやってくれるに違いない、と今から望みをかけています(笑)。

>ぐれごーるさん
ある意味、「仮面ライダー」というネーミングの持つ意味合いそのものの
“原点回帰”でもあったのかもしれないですね〜、あのくだりは。

>トロルさん
そうですね、名実ともに本来の意味における
「仮面ライダー」という言葉の使われ方ですからね〜。
まさに今回の製作陣の決意は本物だ! と、背筋がビリビリくるような感動を
テレビの前で味わわせて頂きましたです、ハイ。

毎回のゲスト・ドーパンドたちは、そのモチーフの幅広さに加えて
ガイアメモリを得た犯人役の役者さんのパーソナリティや演技も
かなり興味深く、楽しめる要素になりそうですね。
全開と今回の我修院氏の演技で、改めてそう確信した次第です。
投稿者:トロル
最後の最後でニヤッとさせてくれる展開でしたね
ついこの間まで「通りすがりの仮面ライダーだ!」と聞いていたばかりなのに…やっぱり「一般市民から呼ばれる」ってのがキテるんですね

それはそうと我修院氏の怪演が光った回でしたw
「マネェー!」のサウンドと相まって、なんともいえない怪しさが出てたと思いますw

http://www14.plala.or.jp/deeper_dungeon/public/index.htm
投稿者:ぐれごーる
かなり嬉しかったです!
なんか嬉しくて涙腺がくずれそう(笑
投稿者:古塚
今回は"一見ストイックに見えるフィリップもちゃんと弱点を乗り越えて成長して戦う戦士である"という展開が嬉しかったですね。

来週は平成シリーズではお目にかかりずらかった"子供が憧れる仮面ライダー"の図が見れそうですし、早くもWの魅力にメロメロです(笑)

http://sky.ap.teacup.com/koduka/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ