遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>千年虫さん
「怪獣だから」というそのアバウトさまでひっくるめまして、
まさに仰る通りです(笑)。
メガイラの左腕に関しましては、あえて自分自身の怒りと恨みを
忘れないようにするため、宙マン打倒の瞬間まで再生を行わず
あの義手のままでいる、という感じですかね。
その辺のキャラ心理も、ストーリー上に余裕があったら
少し本編中で語っておきたいところではあるのですが。
投稿者:千年虫
これまでの描写から宙マン、ユニクロン、ヤプールでそれぞれ生死のあり方がはっきり分かれていると受け取れます。
宙マンのものは地球人と変らず、ながもんが植物状態に陥り、ピグモンの親はすでにいない。それゆえ人質に対する宙マンの激情もあるのでしょう。
ユニクロンは、物質の制御を極めたうえで、意識をはじめとする知的情報を完璧でないにせよかなり自在に操作しているようです。だからデスレムも、自我のデータが残っていれば、技術的には再生可能なのかな? と。私としては、デスレムが殺されたことより、メガイラの手が取れちゃったことの方が意外でした。怒りを持続させるためと戦闘力強化のために、敢て機械化したのかもしれないけど。
ヤプールのあり方は妖怪とほぼ同じです。

で、分らないのは怪獣軍団で、不死身としかいえない展開がたまにあるのですが、これはきっと「怪獣だから」ということですね。

http://plaza.rakuten.co.jp/1000nenmusi/
投稿者:さいとうひとし
>q-gaidenさん
ありがとうございます。
その辺の「温度差」は、何気にこのシリーズの重要要素のひとつだと思っておりますです。
たとえどれだけ展開がシリアス方面に向かっても、そればかりに流されることのないよう
自分の中でのバランス感覚と言う物には、常に気を使っていきたいと考えています。
投稿者:q-gaiden
戦い終わって敵と宙マンサイドの温度差が素晴らしいですねw

宙マンシリーズ最高!と思える瞬間です。
投稿者:さいとうひとし
>Bluehairさん
実はアレでもまだ生きているんですよ、ブラックマルス……
と言いますか、デモス五獣将。
ですから、明確な意味での「死亡者」というのは、やはり今回のデスレムがお初なんですね〜。
というわけで、デスレムに関しましては「ホントに」死んじゃってます。
……ある意味、「処刑されるため」の不敵なキャラ立てでもありましたしね〜。

>樹蘭さん
あ、これはどうも、お久しぶりです!
そして、ご無事で何よりでした(ここ最近の音沙汰がなかったご様子でしたので)。

現時点ではまだナイショですが、とりあえずアレクトの出自が
「遠い魔の国」にあることだけが間違いありません、と申し上げておきます――
そして、だからといってその正体が「ジェットコンドル」ではない、という事も(笑)。

はい、仰る通り「セイバー……ライダー……仮面ライダー!!」という
華麗なる三段式発想法の賜です(笑)。

>千年虫さん
おかげさまで、今回ようやく「洞爺湖編」完結致しました。
お楽しみいただけたようで幸いです。
怪獣軍団がゆるゆるな分、ストーリー全体の「うねり」の部分を
一手に引き受けているのがユニクロン帝国の面々ですので
そのあたりは、これからもガンガン押しまくっていきたいと思います――
なんだかんだで描写するのが楽しいですしね、ユニクロン側は(笑)。

>マッキーさん
まずはああいった形で、年末展開に向けての前置きを済ませておくことで
グランドキングの登場と、アレクトの臨む最終作戦を
より一層盛り上げていきたい、という目論見は確かにあります。
マッキーさんはじめ、読者の方々のご期待に少しでも応えられるよう
ワタクシなりに頑張っていきたいと思いますので、どうか楽しみに待っていて下さいね。

それと、デスレムに関しましては完全に「死亡確定」です。
「死」を描かないできた『宙マン』のタブーが破られる形となりましたが、
だからといって基本的に死者は出さない、というシリーズ全体の
基本ポリシーを放棄したわけではありませんので、「死」を描くことに関しましては
これからもより慎重に、熟慮の上でやっていかなければならないな、と
自分なりに考えている次第です。
投稿者:さいとうひとし
>ライデンジャーさん
今まで意識的に「死」を明確に描かないできた『宙マン』における
初めての死亡キャラだけに、だいぶその扱いには迷いもしましたが
ユニクロン帝国の強大さを描く以上、これを避けては通れないということで
今回、敢えて明確な「死」の描写を盛り込んでみました。
……左手がどうこうというより、根本的に反りが合わなかったんでしょうね、
メガイラとデスレムは(笑)。

>古塚さん
妄想して頂いてありがとうございます。
本編中では描く予定はないですけれど、本編の外においては
いろいろと只ならぬ関係があったのかもしれませんよね、あの二人(笑)

……と、それはそれとしてですね。
「発売中止」とか縁起でもないこと仰らないで下さい、古塚さん(涙)!
映画公開当時のソフビが手元にないワタクシとしましては、11月発売の
グラキン人形だけが頼みの綱なんですからっ(切実)。

>ぐれごーるさん
はい、グランドキング……持ってこようと思ってます!
久々に商品リリースされて店頭に並ぶとなれば、『宙マン』にて
使わない手はないですよね。

>ゼットソさん
HONDAのCM・怪獣バージョン、なにげにグローザムだけでなく
デスレムとメフィラスも出ていたらしいですね(笑)。
とりあえずメガイラに関しましては、デスレム初登場時の軽口を
ずっと根に持ち続けていた、というのも、このたびの
デスレム処刑の大きな理由ではありますね。

>ヤホールさん
デスレムもねぇ、怪獣軍団側にキャスティングされていたなら
漬け物がどうの、オタグッズがこうのと呑気な事を言っていられたのでしょうが……
ほんと、同一シリーズの悪役同士とは思えない扱いの差ですよね(笑)。
年末に予定している「アレクト最終作戦・グランドキング編」も
気合入れていきたいと思います。どうぞお楽しみに!
投稿者:マッキー
お疲れ様でした。今回も盛り沢山でしたね。最終作戦への覚悟に燃えるアレクトの姿には敵でありながらカッコよさを感じてしまいました。何か三姉妹ではこの子が一番好きかも(笑)。

しかしデスレムは死亡確定なんでしょうか?死者が出ることはない筈の宙マンワールドであのような無残な最期だと、少しかわいそうな気もしますね。
投稿者:千年虫
いつの間にか10話連続の長編、一気に楽しませてもらいました。後半は驚異の毎日更新だったし。お疲れ様です。区切りが付くまで敢て感想は控えて、拍手だけしてました。

怪獣軍団にはあと一回くらい物言いを付けてほしかったけど、そういう話ではないですね。
ユニクロン編は急展開しそうで目が離せません。デスレムには再登場してもらいたいけど、動かしづらそうなヤツだな。


http://plaza.rakuten.co.jp/1000nenmusi/
投稿者:樹 蘭
検索したよ翔太郎「血筋」「毒蛇の紋章」キーワードから導きだされる正体は…
全員商品化されてるので絞り込めませんねー(笑)

(ぼそっと)やっぱり「セイバーといえばライダー」だからですか?

http://love.ap.teacup.com/atomic/
投稿者:Bluehair
またアレクトの正体は明かされませんでしたね(ぁー

>ライデンジャーさん
以前デモス五獣将ことブラックマルスがヤプールに粛清されていたので
二人目…でしょうか。


ただ今回のデスレムの行動にはどこか怪しい点が多いんですよね。
アレクトがデスレムをスルーして撤退した時点でデスレムは敗北を覚悟していたと思います。
それに「謀将」ともあろう者が負けて帰ってきて
(おまけに本拠地にはアレクトと犬猿の仲のメガイラが)
無事で済むと考えてはいないでしょうね。
デスレムは恐らく宙マンに倒された後本拠地に替え玉を送り込んで自分は宇宙の彼方へ高飛び…

…考え過ぎでしょうか^^;
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ