遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>市川大河さん
ドリームロケットさんの怪獣ソフビは、どれも非常に優等生的と言いますか
すごくその作りが真摯で真面目なんですよね〜。
そんなわけで、個人的にはドリロケさんのことは
「オリジナル怪獣ソフビ界のやまなや」と呼んだとしても
あながち的外れではないような気がしております。

何かと内幕はドロドロだという(笑)インディーズソフビ業界ではありますが
そのテの雑音には惑わされることなく、一回の玩具好きとしましては
本当によいものだけを、冷静に見定めていきたいもんですね〜。

>古塚さん
仰る通り、グモーズのこのスタイリッシュさと言うのは
池谷仙克氏の怪獣デザインの方向性に近しいものがあると思いますね。
それはそうと、ビクトリッガーに関しましてですが……
仮に再開するとしましたら、それは恐らく来年の春以降になりそうですね〜。
何より今年はまず、「宙マン」のアレクト最終作戦編と
お正月編に全力投球でいきたいと思っておりますので(笑)。

>ぐれごーるさん
少数生産と言う事もあって、どうしても価格設定が大メーカーのものより
高めに設定されてしまうので、二の足を踏んでしまうのが
インディーズ系メーカーのソフビや、復刻版ソフビの辛いところですね〜。
それでも、中古市場ではけっこう安値で買える場所もあったりしますので
よろしければ是非、マメに探してみて下さいませませ〜。

>erekinnguさん
素晴らしいですよね〜、グモーズ。
ワタクシも2003年当時、模型雑誌に掲載された原型写真を見て
まさに一目ぼれし、後先考えずに購入してしまいました(笑)。
このグモーズのみならず、ドリームロケットさんの怪獣ソフビは
どれも魅力的な逸品揃いですので、よろしければerekinnguさんにも
ぜひ一体、お手にとって確かめて頂きたいところですね〜。

>千年虫さん
ワタクシは例によってヤフオクで、安く出品されているのを
運よく発見できましたので、根気強く、焦らず待っていれば
必ず「その時」は巡ってくるはずだと思います――

ええ、このグモーズに関しましては、そうするだけの値打ちは
充分以上にある逸品ですよ! おすすめです。
投稿者:千年虫
グモーズは好きな怪獣ですが、存在を知ったときにはとっくに完売していました。今年ニュー・ヴァージョンが出ていたんですね。それを機に旧ヴァージョンの中古が出るかもしれないから、探してみようかな。

http://plaza.rakuten.co.jp/1000nenmusi/
投稿者:erekinngu
素晴らしい!
これは一目惚れしました…怪獣に一目惚れしたのはバルタン以来です(笑)

凄い魅力がありますね〜。
投稿者:ぐれごーる
グモーズは自分もほしいと思いましたね、ただ値段が…
投稿者:古塚
またもやブラックサバトメンバー!

やはりビクトリッガーはこのまま埋もれさせるには惜しい企画ですよ。
個人的には別のパーツにしてでも新規で連載してほしいなと思ったり(撮影会と本放送でデザインが違うのもまた定番ですし・笑)

グモーズ君自体は個人的にはアイアンキングの宇虫人タイタニアン路線のように感じました。


http://sky.ap.teacup.com/koduka/
投稿者:市川大河
ウルトラではなく、『ファイヤーマン』辺りでなら
実在していたような存在感がありますねぇ。
オリジナルソフビは、そこは魑魅魍魎の百鬼夜行ではありますが
作られるソフビに罪はなく
むしろ、そういう世界だからこそ「怪獣が生み出せる」ものなのかと
最近は対岸の火事を見つめる思いで眺めております(笑)

http://ameblo.jp/ultrataiga/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ