遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>龍鈍さん
確か名前はあったはずなんですが、「宙マン」にかまけている間に
すっかりド忘れしてしまいました(苦笑)。
ちなみにグローバーと一緒に写っていたロボットも、お恥ずかしながら
ワタクシがジャンクパーツからでっち上げたものですので、近いうちに
そちらも鮮明な写真にてご紹介させて頂きたいな、と思っております。

>古塚さん
1/100スケール・サイズというのは、レトロタイプの怪獣ソフビと
一緒に遊んだりする際、大きさをできるだけ揃えたいという必然性から
逆算して導き出されたサイズなんですよね、実は(笑)。
1/100のキットは、手頃な存在感と面白いギミックやプロポーション、
そして組みやすさなどが相まった傑作が揃っていますので
試しに一体組んでみても決して損はないと思いますですよ。

>しょくパンマンタロウさん
こういう再利用の楽しみを知ってしまうと、たとえ壊れた玩具やプラモも
簡単には捨てられなくなってしまうんですよね。
そしてどんどん、家庭内のスペースをも圧迫していくという……(笑)。
ま、それは半分冗談としましても、ミキシング・ビルドはとても楽しいですよ〜。

あ、それと、ワタクシの代わりのバラドリルのご説明有難うございます(ぺこり)。
投稿者:しょくぱんマンタロウ
壊れたガンプラでも、このロボットように改造することで再利用できるんですね。
ガンプラのパーツが壊れても、そのまま捨てずに取っておきたいと思います。

>龍鈍(ロンドン)さん
宙マン初期エピソードに出ていたバラドリルは、「超力戦隊オーレンジャー」に登場するマシン獣ですよ。
投稿者:古塚
わーい。
大々的に扱ってくれてありがとうございます!


顔はダークメフィストだったんですか。
以前のカブタック同様、リペイントして特徴を変えるだけでガラッと違ってきますね。

何よりクロムチェスターとわかるとインパクトが大きくて(笑)
さいとうさんの大胆な設計と、それをまとめ上げるセンスは流石です。

1/100プラモは組み立てた事がないんですけども、最近はさいとうさんのブログの記事を読み返すと勇気を出して一体チャレンジしてみようかな?なんて思います。

http://sky.ap.teacup.com/koduka/
投稿者:龍鈍(ロンドン)
本当に実在しているキャラクターに見えます。
名前はあるんですか?
ほかのメンバーも見たいです。
ロボット軍団の画像で気になるのは大怪球グローバーと一緒に写ってたロボットが何者なのか?既成のキャラクターですか?

あとは話がズレますが宙マン初期エピソードに出ていたバラドリルが何の作品の出身か気になります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ