遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>ミジー星人さん
ネズミモチーフのデザインに加えて、生理的嫌悪感を催すような
生々しいディティールを故意に付加された怪獣ですから
その辺のイメージを活かして、こんな感じで演出してみました。
仰る通り、無意識のうちに『A』NG台本のペストザイラーは
意識していたかもしれません。

>ぐれごーるさん
何度でも復活するという設定は、なかなか進展してくれない
謎だらけのストーリーとも相まって、少々まだるさを感じさせてしまう
「両刃の剣」でもあったかな、という気がします。
なお、「宙マン」版のノスフェルに関しましてはそこまでしつこく
再生したりはしません――
なにしろ今回は、あくまで「メガイラのお話」なものですから(笑)。

>ボロボットさん
この「目を閉じて眠っているピグモン」は、バンダイから発売されていた
「ウルトラマンイマジネイション」のラインナップのひとつなんです。
こんなものまで商品化されてしまうなんて、つくづく凄い時代ですよね〜(笑)。

メガイラの場合は、宙マンたちの前に直接姿を現わすことで
故意にその心を逆なでして、その反応を楽しんでいる部分も
大いにあったりするんでしょうね〜。

>マルたもんさん
ノスフェルが撒き散らす伝染病というネタは、じっくり突き詰めれば
それだけで一本分のエピソードに出来そうな感じですけど……
実はこれも、今回のエピソードにおいてはあくまでも
物語を彩るエッセンスのひとつでしかなかったり致します。
果たしてこの発端から、メガイラの目論見がどう転がっていきますか……
どうか今後のエピソードにもお付き合いを頂ければ、と存じます。
投稿者:マルたもん
ノスフェルが原因で伝染病・・・
皆さんも仰られてますけど、チョイスとしてはあまりにも理に適いすぎてる感じです
恐らくは三姉妹一陰湿なメガイラの事でしょうから
この程度では終わらないのは間違いないでしょうけど・・・
投稿者:ボロボット
今回なによりも驚いたのは・・・リアルピグモンのフォト!!
懐かしいやらなんやら(といっても約10年前くらいの夏休みの再放送の話ですが)

それにしてもメガイラ、ちょくちょく宙マンの前に現れますね。
というより、宙マンハウスに自ら乗り込んできたのは初では!?(スレイヤーや宅配便、お土産という形で来た怪獣は別として)
投稿者:ぐれごーる
ノスフェルが原因の疫病…ネクサス本編でもありそうですね

口の中にある再生器官を攻撃しないかぎり何度でも復活する、ヤプール並のしつこさもやっかいですね
投稿者:ミジー星人
そう言えば、ノスフェルは恐ろしいまでの再生能力を持った鼠のスペースビーストでしたね。鼠と言えば、病原菌を撒き散らす媒体としても有名ですし、鼠がモチーフのノスフェルならその能力にも納得できますね。
かつて、ウルトラマンAでも夕飯時のお茶の間での放送と言う事もあってか没になった、メインライター市川森一さん脚本の「超獣狩り作戦」に登場する予定だった毒菌超獣ペストザイラーも、ペスト菌を撒き散らす鼠の超獣という設定でしたしね。
しかし、ネクサス本編に於けるあのノスフェルのしつこさからして、またノスフェルが蘇って襲ってくるかも知れませんね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ