遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>アブルっちさん
>ファンコングとヒカリコングはゴリラコング、マンモスコングとも別格の存在に思えますし

とはいえ、ゴリラコングもわざわざ、この後はどのコングにも
流用されることなく終わってしまう独自の下半身が
きっちり新規に造形されていたりしていましたゆえ……
今更ながら、返す返すも惜しまれる設定変更だったと思います。

>ファンコングとヒカリコングの商品化

あとはやっぱり、右手のドリルミサイルパーツは当然ハズせませんよねぇ。
そして個人的には、上半身と下半身を「ジシャックチェンジ」式の磁石ジョイントで
容易に分離・接続できるようにしていただけますと
後々オリジナルのコングロボなどを作って遊ぶ、という楽しみもあって
よさげかな、と思うのですが。

>バトルフィーバーロボとバッファローロボットは宙に浮いて戦っていたりして

そう、なまじアレを最初に見てしまったがゆえに
後の「バイオマン」一話で、ビデオ合成丸出しの空中戦を演じる
バイオロボVSカブトカンスで思いっきり失望させられた記憶が……(しみじみ)。
同じビデオ合成の空中戦でも、ブルーブロッカーVS再生バラソーサー戦は
アングルなどに工夫があってわりかし好きなのですが。うーむ。

それはそうと、案外「意外な見落とし」っていうのはあるものですよね。
私も「流星人間ゾーン」の恐獣シップドローが
ドロラの改造だというのは知っていたのですが、その後さらに
カスタムジュラーに再改造されていた、なんてことは
20代の後半近くまで気づかずにおりましたゆえ……(赤面)。
投稿者:アブルっち
 〜コングはいずれ〜モズーと同形態になるのはスタッフも分かり切っているのに、別の系統の巨大ロボットを作る両博士の確執ももっと前面に出すつもりだったりとか、実は結構設定がぎりぎりまでまとまらない作品だったようですね。きくち氏の早期退場も残念です。
 ファンコングとヒカリコングはゴリラコング、マンモスコングとも別格の存在に思えますし、メーカーがこの二体で打ち切ってもあまり問題にされないでしょうから商品化して欲しいものです(ファンコングのファンは別パーツにして回転可能な仕様で)。
 バトルフィーバーロボとバッファローロボットは宙に浮いて戦っていたりして凝った趣向でしたね。ちなみに多用しているにもかかわらずバトルフィーバーロボが電光剣以外に刀を持っていることには割と最近まで気づきませんでした。
投稿者:さいとうひとし
>帝王ソダンさん
そもそも「ゴーグルX」におきましては、
イガアナ博士が動物型のロボを作り、ザゾリヤ博士がメカニック型のロボットを作るという設定が
初期の段階からしっかり設定されていたわけで、だとすれば
1、2話の段階でファンコング、ヒカリコングが続けざまに出撃してしまったあたりでもう
設定がガラガラと瓦解してしまっていたことになるわけで……
まぁ、ある時期の東映ヒーロー作品は、そのあたりのアバウトさもまた
辛抱タマランチ会長な味になっていたりするのですが(笑)。

戦隊シリーズの敵ロボットでは、「バイオマン」のカブトカンス、
「ファイブマン」のビッグガロアンに「ジェットマン」の魔神ロボ・ベロニカ、
あとはやや変化球ですが、「バトルフィーバーJ」のバッファローロボ&ドグウロボは外せませんね〜。
縫いぐるみ自体は怪人と同一ではありますものの、予算のたっぷりかかった
特撮セットでの豪快な暴れっぷりに惚れ惚れさせられたものですから――
ヤジマとサガワが一つになれば、マグネットパワー嵐を呼ぶぜ! ってなモンです(笑)。

>ソフビになった姿が簡単に創造出来る

そうなんですよねぇ、放送当時に商品化されなかったことが
むしろ不思議なぐらいでして、ワタクシには。
あ〜、今からでも遅くないですから、どっかでソフビ化してくれないかなぁ?
とりあえず下半身パーツの「流用」がききますから、のちのちの金型コスト面でもグッとお得でしょうし、ね(爆笑)。
投稿者:帝王ソダン
確かにファンコング、胸部のファンがそれなりの説得力を醸し出した、リアリティのある
デザインでしたね。コングロボ二号機ヒカリコングは、それを元にケレン見を前面に押し
出し、かつ重厚なフォルムを持っていたメカでした。でも三号機ゴリラコングに四号機マ
ンモスコングと、動物モチーフに切り替わったのは当時残念に思いました…五号機からは
最悪の形で期待を裏切られたわけですが_| ̄|O|||

余談ですが、個人的に好きな特撮ロボと言ったらバイオマンのバルジオン(超合金魂で出
ないモンか)、そしてジュウレンジャーのドーラタロスでしょうか。他にもバイオロボと
かグレートファイブとか色々ありますが、それらは敵メカじゃないので割愛。

話を戻しますが、ファンコングってレトロ調ソフビの様式と非常に相性の良いデザインで
すな。ソフビになった姿が簡単に創造出来る辺り。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ