遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>アントラーさん
『80』は時代の趨勢ですとか、強力な裏番組などとの兼ね合いに
絶えず苦しめられていたシリーズ、という印象がありますが、
それだけに(サブタイトルはともかく)実に綺麗なまとまりを見せた
最終回の感興はひとしおでしたね〜(しみじみ)。

特撮とアクションの融合という意味では、間違いなく『80』が
それまでのウルトラ史の集大成にしてひとつの頂点だった、と思います。
投稿者:アントラー
80のDVD-BOXが発売されて、早1年が経ちましたが、実を言うと僕、BOX2の方はまだ持っていません…orz。(金銭面の問題で)
80の格好よさにハマって、続きが見たいと思いつつも、お金が無い為に…。
80は特撮もそうですが、アクションもスピーディで非常に格好いいです。当時、PTAからの批判が凄かったそうですが、「怪獣を通じた生徒達との交流」というテーマは、ウルトラならではの学園ドラマの描き方だと思いますし、当初の「教師とUGM隊員」の設定を貫いてくれていたら、傑作になり得たと思うので、そこが残念です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ