遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>古塚さん
ああ、古塚さんの年代はもろに「直撃世代」なんですね〜(笑)。

仰る通り、復刻版と言うのはあくまでも限定された世代の
そのまたごく一部のみに向けた商法にならざるを得ませんので
思い出補正もへったくれもない90年代の子どもたちが
ピンとこないというのも無理ない話ですよね。
巧い具合に住み分けがなされてってくれれば、例えば現在のガンダムにおける
「SDガンダム」と「マスターグレード」のような感じで
幅広い層を一度に相手にできるショーバイへと転換できる可能性もあっただけに……
「思い入れ補正バリバリ世代」の端くれとしましては、ちょっと寂しくもありますね。

ベムラーに限らず、初期キングザウルス製品の造形アレンジに関しましては
輸出を意識したアレンジであるのと同時に、当時発売されていた
ゴム製の恐竜玩具などにも共通する造形の傾向であるところから
そちらとの関係性を指摘する説もあるみたいですね〜。
投稿者:古塚
その夢のような空間を幼少期に体験した古塚です(笑)

ウルトラマンフェスティバルなんかで復刻ソフビが並んでいて「(ウルトラ怪獣シリーズ)こっちの方がりあるなんだからこっちを買う」みたいな感じでした。
それでも、ちゃっかり復刻のレッドキングは買っている辺りは何とも言えないんですけど(笑)

逆を言えばこの時に売り上げが著しくなかったので一部愛好家をターゲットに絞る結果になったと聞きます。
もしこの時に商業的に成功していたなら別の情勢になっていたと思うと本当に一つの分岐点だったんですね。



ベムラーですが、私はウルトラ怪獣シリーズの旧版を見慣れているので愛着がありますが…
流石にこう並べるとリアルでも無く、また特徴的なアレンジも無く"無難"としか言いようがないですね(苦笑)
唯一褒められるとすれば(原典とは違うとはいえ)腕が通常の怪獣と同じ可動なので遊ぶ分には及第点といったところでしょうか。

まあベムラー玩具の中では他に無いアレンジが効いた"キングザウルス版ベムラー"が一番異彩を放っていますよね(笑)

http://sky.ap.teacup.com/koduka/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ