遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>プレダコンさん
おお、既に登場予定がありましたか!
やはりこれを手に入れたからには、何らかの形でフォトストーリーに
活かさなければウソ、って感じですよね〜。

>ぐれごーるさん
是非とも入手して、一度遊んでみて下さい!
値段以上の感動と満足感を約束してくれることは間違いないですので。

>龍鈍さん
「特撮」と銘打ってはいても、日本の特撮怪獣だけにはこだわらない
幅広く柔軟なラインナップ展開の懐の広さ、と言うのも
特撮リボルテックの魅力のひとつですよね。
モゲラとアンギラスはワタクシも楽しみですし、今後の予定として
ぜひバランはラインナップに加わってほしいものです!
あの隆々たる縫いぐるみの筋肉表現は、リボルバージョイントの
関節を仕込むにはもってこいのデザインだと思うんですよね〜。

>國枝みつきさん
洋物ラインナップの充実ぶりも、またコレの魅力なんですよね。
ワタクシ的にはハリーハウゼン御大の「ガイコツ兵士」の
発売予定があると言う時点で狂喜乱舞ですよ(笑)。
本当によい玩具ですので、國枝さんも何とか入手なさってみて下さい!

>古塚さん
ワタクシも最初は、そう思って半信半疑だったんですけどね〜。
いざ実際に弄ってみますと、単純なポージングの幅広さと言う楽しみのみならず
本編に即した絶妙のギミックの数々に、フォトストーリー上での演出ゴコロが
いやが上にも刺激されてしまいましてね〜(笑)。

ゲロンガへの改造ということなら、まずその元となるネロンガヘッドは
「特撮ヒーローズ」あたりから流用するのがよいかもしれませんね。
投稿者:古塚
うーん、バラゴンはソフビがあるので特に必要ないんですよね(苦笑)

腕に覚えがあればゲロンガにでっち上げたいところなんですが。

http://sky.ap.teacup.com/koduka/
投稿者:國枝みつき
本格的な怪獣の可動フィギュアと言うことで実は密かに注目しておりました。
バラゴンやガメラどころか、実は同じラインナップにあるエイリアンにまで目を付けていたり(笑)
今はちょっと訳あって手が出せる状況でないのが、悔しい所であります…

http://blue.ap.teacup.com/oita-mugentosi/
投稿者:龍鈍(ロンドン)
悩んだ末に僕も買いました。毎日、カチャカチャ遊んでいます。
もうすぐジャイアントロボも出ますし、8月の初代モスラ成虫も楽しみです(バットマンもだったでしょうか?)。
アンギラスとモゲラが待ち遠しいです。

東宝からはバラン、洋画からはアイアンマンがラインナップされることを切に願っています。あと大ダコも(笑)
投稿者:ぐれごーる
ここまでのクオリティ・可動を持ったバラゴンのフィギュアもそうそうないですしね
嗚呼、やっぱり欲しい!
投稿者:プレダコン
バラゴンは一応、惑星ゾード編が終わった後、地球編で登場させる予定です。
にしてもリボルテック・バラゴン、素晴らしいの一言に尽きます。

http://ameblo.jp/puredakon/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ