遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>KENさん
ボリュームあるデザインゆえの可動時の干渉ということもありますし、
ガシガシ動かして楽しむ際にはある程度の関節強度と渋みも
しっかり維持しておかなければならない……という意味で
実はなかなかにハードルの高いロボットだったりしますよね、アルトアイゼンは。
そしてその点でいきますと、このスパ超版は過去の様々なアイテムを
よく「研究」もしているし、関節各部の構造なども
じっくり煮詰められていて
トータル面で実に好印象なアイテムだと思いますね〜。
投稿者:KEN
>超合金アルト
名前に鉄が入るだけあって合金玩具との
相性はよさそうですね

>アルトアイゼンのポージング
最近プラモのアルト(ナハト)を作りまして
造形はかっこよくていいのですがいざ
かっこいいポーズを取らせようとすると
非常に難しい事を実感しました
ボリュームのある手足が魅力なのですがこれが
可動範囲を制限してくれるのでデザインの難しさ
を感じます、
好みでいえば細身より末端肥大な方が好きなのですけどね

さいとう様の写真も参考にさせていただきます
投稿者:さいとうひとし
>クルセさん
この重量感と「動き」の気持ちのよさは、雑誌などの記事で
あらかじめ知識として知ってはいても、実際に手にとってみることで
はじめて判る感動がありますよね。

せっかくの自社コンテンツ、商品化というかたちで大いに有効活用して欲しいものです。
投稿者:クルセ
そうなんですよね。
ゲームキャラ故「動かす」デザインをしていないアルトアイゼンでありながらここまで可動するというのがこの商品の凄いところ。
あとは問答無用の金属の重量感。
結構売れているので、出来ればグルンガストなんかのスーパー系にも期待したいところです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ