遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>電さん
サイエンス系ではない生態的変化のライダーという意味では
『響鬼』の鬼たちもまたその系列、ってことになりますかね。
それはそうと科学装備系のライダーは、武器その他の流用がしやすい分
自分勝手なオレ設定を導入して遊びやすい、というのも
玩具におけるメリットのひとつかもしれないですね(笑)。

>ニセザタン星人さん
いろいろなタイプのバリエーションを用意して、それらの中から
「私はこのライダーが好み」という風にチョイスした上で作品を享受する
「カタログ売り」の方法論を本格的に導入し、定着させたという点でも
『アギト』という作品が平成ライダー史に及ぼした影響は
決して小さなものではなかった、ということでしょうね。
投稿者:ニセザタン星人
お、おいらと気が合う人が下にw

ギルスはアギトと似たようなもんだからと言う理由で北條さんに捕獲されそうになった時の印象しか無いですw
後、初代G3を倒した憎い奴…
G3−Xにリベンジしてやっつけてもらいたかったなぁ…(で、勝ったと思った瞬間煙の中からエクシードギルスが出てきて…とかなりそうだけど)

http://earguys.blog116.fc2.com/
投稿者:電
ギルスのようなバイオ系ライダーはもういないですね・・・
まぁぼくとしちゃG3のほうが好きですねw
V1システムも好きです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ