遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>ゴールドサタンさん
かつてのマルサン商店が、新生マルサンとブルマァクに分裂したこともあり
それに伴い、自社のために確保できる原型師さんたちのレベル維持というのも
一筋縄ではいかなかったでしょうし……
この辺の事情は、ある意味で現在のトイ・フィギュア業界の
商品開発事情と変わりは無いのかもしれないですね。
投稿者:ゴールドサタン
 マルサン商店が存続していたらの話ですがそういえばAの頃再生していましたね。これがもしかしたら答えなのかもしれません。

 再生マルサンは当時のブルマァクよりはるかにキャラをデフォルメしていますからね。やはり違った結果になったかもしれませんね。
投稿者:さいとうひとし
>ゴールドサタンさん
旧マルサンの倒産から、新会社であるブルマァクの立ち上げこそ
さほど間が空いていなかったものの、それに伴う玩具開発のノウハウ蓄積などには
やはり少なからぬ断絶があって、そこからの「ブルマァク的作風」の確立までには
結構な試行錯誤などもあったのではないか、と思いますね、あくまで素人考えですが。

>erekinnguさん
全体のプロポーションやディフォルメなどはまだまだ「玩具寄り」ながらも
同じマルサン製のバルタンとは明らかに異なるリアル志向のディティールと
何ともいえない調和を見せて、「悪の大物宇宙人」としての貫禄的な意味では
これはこれでまた納得できちゃうんですよね〜、不思議なモンで(笑)。
投稿者:erekinngu
あー、このソフビ大好きです。
恐らく送り手の中でもリアルとデフォルメの折衷具合がまだまだ不安定な中で発売されたんでしょうけど、バランスが悪いというか、不気味というのか、何とも言えない存在感があるんですよね(笑)

ボディのディテールを眺めるに、腕の確かな方が造形したのは間違いありませんが、もしかしたらプロポーション自体はマルザンも「こども向きでお願い」くらいしか言わず、原型師のさじ加減でこうなっただけな気もしますが。
投稿者:ゴールドサタン
 マルサン商店の延長線上にあるのがブルマァクなのでは?単純なことですけど。マルサン商店が続いていたとしても結果はブルマァクのような気がするのですが。存続していたらソフビの解釈がやはり違った結果になるのでしょうかね。何か頭が混乱するような話ですが。

 この手のソフビはけっこうシンプルにみえますが無駄に細かいところにしわが表現されていたりするんですよね。ほとんど意味のないこだわりですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ