遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>プレダコンさん
最新の学説からはかなり外れた存在になってしまいましたけど、
オールドスタイルの復元図ベースによる恐竜たちと言うのも
味があっていいですよね、なんか怪獣みたいですし(笑)。

今も昔も、恐竜は太古のロマンを掻き立てる存在であると同時に
男の子たちにとってのアイドルであり続けてほしいもんです。

>hiroseさん
リペイント……まずこのサイズを塗るには、逸れ相応の量の塗料と
筆、エアブラシなどの機材が必要になってくるでしょうから、
いつもワタクシが机の上でやっているようなリペイントとは
かなり勝手が違った作業になると思いますので……
正直、その工程を想像しただけでもガクブルですね〜(笑)。
投稿者:hirose
これは。。。さいとうさまにリペイントの腕を振るっていただきたい!

あ、でもあまりリアルになりすぎると小さなお子さまが怖がるかな?(苦笑)

http://hirosedou.sblo.jp/
投稿者:プレダコン
ステゴザウルス、ブロントザウルス、トリケラトプス・・・公園にこの3恐竜がいるのはいいですねぇ。
個人的には昔ながらのスタイルがいいですね。

公園の恐竜と言えば、私が住んでる大津から離れた場所にある公園にも2体の恐竜がいました。
ステゴザウルスと、えーっと・・・メガロザウルスだったかな。

http://ameblo.jp/puredakon/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ