遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>電さん
なかなか再登場の機会に恵まれなかった怪獣だけに、映画『銀河伝説』での
ベムラー再登場はほんとに嬉しかったですね〜。
幼生っぽく見えるのは、もともとの造形がディフォルメの効いた
やんちゃ坊主っぽい仕上がりだからでしょうかね。

>吉田松水さん
怪獣の塗装に関しましては、筆のムラなんかもかえって
生物的なニュアンスを出す上での「味」として機能してくれますから
ワタクシ的には自動車ですとか、アニメロボットなんかの
キレイキレイ系塗装よりも遥かに気が楽だったりするんですよね(笑)。
吉田さんのヒーロー&怪獣たちの完成形も、楽しみに待ってますからね〜。

>プレダコンさん
明らかに初代ベムラーの雰囲気とは異なるニュアンスの造形なんですが
これはこれでまた味があるんですよね〜。
そういった観点で見るなれば、「似ていない」とされている
旧ソフビ群は、ある意味で「宝の山」なのかもしれませんね(微笑)。
投稿者:プレダコン
なんかウルトラ銀河伝説版みたいな雰囲気のソフビですねぇ。

銀河伝説版のソフビでないかなぁ・・・アトラク用ならではのあの造形が良いんだよなぁ。個人的には。

http://ameblo.jp/puredakon/
投稿者:吉田松水
なんだかシラスを思い出してしまいました・・・すいません。
 本編に近い塗装ができて羨ましいです。家のガギもガゾートもこんな塗りができたら・・・アズミも。

http://blog.ap.teacup.com/oujukaikan/
投稿者:電
おぉー。
なかなかオリジナルの色彩を表せてますね。

ベムラーは一応「ウルトラマンシリーズ最初の怪獣」なんですよね。その割には後々の作品での再登場ってあんまりないですね・・・(アレンジ怪獣ならいますが)
このベムラーはなんかまだ幼生のベムラーのようで可愛いですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ