遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>おどんとぐりふすさん
所謂、時代ゆえの様々なギャップや製作体制などのアバウトさなどを
ネタとしても楽しむこともできますし、それと同時に様々な要素が
贅沢に盛り込まれた作品密度の濃さに感動させられたり、と
いろんな視点で楽しむことが出来るアニメシリーズですよね〜。

バットさんがあまりにも理不尽な強さを発揮するもんですから
下手すると時々、ナゾー様とマゾ様の方を応援してしまってもいたり(笑)。
連投で恐縮ですが訂正をば…
「素手のほうも3本指」なのは、一峰大二さんの漫画版だけでした(汗)
ロ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ンブロゾ〜〜〜〜〜〜〜!!
…絶対に強いバットさんももちろんステキですが、ワタクシはどちらかというと(極僅差で)ナゾー様派。
四つ目・耳覆面・鉄の爪・素手のほうも3本指・下半身円盤とかセンスが凄すぎる。

「異形の善神」黄金バットvs「改造魔人」ナゾー。
対峙するだけで、ファンタジーもSFアクションも同時に楽しめるという何でもアリ感。
時代を超える魅力がありますね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ