遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>erekinnguさん
やっぱり今の目で見ても、まったく遜色ないアイテムであるだけに
塗っていても凄く楽しかったですね〜。
再販の予定は今のところないそうなんですが、特に帰マン怪獣の充実ぶりで
他の追随を許さなかったシリーズなだけに、何らかの形で
また再びスポットが当たって欲しいもんです(しみじみ)。

>プレダコンさん
『帰マン』初期の傾向であるリアリズム志向が、キャラクターとしての
地味な印象に繋がっている怪獣たちも多かったりするだけに
このゴルバゴスもなかなか商品化のお呼びがかかりにくいんでしょうね。

周囲に与える危険性を考慮して、何かことが起こる前に
害獣として抹殺されてしまうというのは、怪獣の目撃報告に対して
容易に腰を上げないMATのあり方とも相まって、リアリズム重視の
『帰マン』らしい展開だったのだなぁ、と思います。
投稿者:プレダコン
ゴルバゴスはカッコイイ!
でも、あんまり商品化に恵まれないという・・・

「怪獣レインボー作戦」は、個人的に好きなエピソードなんですが、始めてみたときの感想は、
「ゴルバゴスってなんか悪い事したか?」
でした。

http://ameblo.jp/puredakon/
投稿者:erekinngu
いい!すごくいい!
やっぱり素材がいいし、リペイントが上手い人が手直ししているだけあって違いますね。

ゴルバゴスの、上顎が下顎より控えめな造形もはっきり分かりますし、これはいいですねえ。

ボークスのガレキって高いですけど、どれもいいんですよね。
ゴモラのType-Uなんてもうよだれます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ