遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>アントラーさん
仰る通り、筋肉質アレンジとウルトラマンのキャラクター性との
バランスよいマッチングという意味でもかなりこなれてきて
可動・オプションその他も充実しているこのダイナをひとつの基点として
これからACTがどんな発展を遂げていくか、というのは凄く楽しみですよね〜。
あとは商品化ラインナップに、いい意味での意外性みたいなものも
絶えず持たせてくれることを望みたいです。
投稿者:アントラー
ダイナのACT、良い出来でしたよね。
ULTRA-ACTはガイア(V2)以降、可動と造型の両面から飛躍的に進歩することになりましたが、今回のダイナは、ULTRA-ACTの一つの完成形ではないでしょうか?
交換用プロテクターの付属により、ソルジェント光線のポーズが決まりやすいのも利点の一つですし。
さて、そのULTRA-ACTですが、今月には、我らがゾフィー兄さんが発売される他、7月にはウルトラマンのリニューアル版、8月にはウルトラマンマックスとレッドキング、さらにはWeb限定で6月にアンドロメロス、7月にジャンキラー、9月にウルトラマンガイア(スプリーム・ヴァージョン)の発送が決まっています。ウルトラ兄弟の発売も含め、怒涛の発売ラッシュが続くであろうULTRA-ACTの今後に期待大ですね。
投稿者:さいとうひとし
>カートさん
ティガ、ガイアと試行錯誤を重ねてきて、今回のガイアにおいて
ひとつの結論が出された感もある胸プロテクターの扱いだけに
今後、平成のウルトラマンたちがACT枠で商品化される際にも
その完成度に更なる希望を抱けるようになったのは何よりの収穫でしたよね。

同じ「2011年リリースのティガ」であっても、マルチ〜スカイタイプと
後続リリースのパワータイプとでは、既にその出来栄えにおいて
大きな差がついてしまっているなど、ACTの進化のスピードには
本当に目を見張るものがありますね〜。
これから発売されるゾフィー兄さんと並べると、初代マンがクオリティ的に
ますますキビシイことになっちゃいそうで……(汗)。
投稿者:カート
何が嬉しいかと言えば、素体の出来や顔ももちろんなのですが、プロテクターの付け替えでしっかりと十字を組んでソルジェントポーズが出来ることですねぇ

しかし、フィギュアがどんどん進化してくれるのは本当に嬉しいことですが、平成3部ヒーローをACTで並べた時に、素体が格段に進化したガイア・ダイナに比べ若干細めなティガ少し浮いてしまうのが残念です(笑)
ティガもたった1年前なのにフィギュアの進化というものはすごいですねぇ


http://ameblo.jp/ka-tonobousou/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ