遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>龍鈍さん
「超リアルな造形で完全再現!」というのが、TVCMのナレーションにおける
バンダイ「ウルトラ怪獣シリーズ」の売りだっただけあって
全体的にまだこなれていないものの、全身のディティールや
表情付けなどには、明らかにそれまでの怪獣ソフビの常識を
くつがえしてやろう、という意気込みがたっぷり込められていたことが
(僭越ながら)自前のリペイントを施すことで、よりはっきりと判った気がしましたね〜。
投稿者:龍鈍(ロンドン)
今回のリペイントは「おお!」と声がでたのではなく、カッコ良く生まれ変わり過ぎて「絶句」してしまいました。幼少時代この型のゴモラはよく遊んでいたんですが、もうありません。今でも持っていたら間違いなく真似させてもらってました。
投稿者:さいとうひとし
>NAKATAさん
ありがとうございます。
旧ゴモラの場合は、しっかり塗り上げていくことによって
造形の有するポテンシャル、特にその際立ったイケメンぶり(笑)に
改めて気付かされましたね〜(しみじみ)。
投稿者:NAKATA
(;゚д゚)これは……凄い、ひたすら脱帽です。
トホホな印象の旧ゴモラがここまで生まれ変わるとは…
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ