遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>千年虫さん
そちらの記事、拝見しました。
怪獣ものというよりは、むしろ「漫画ゴラク」の連載漫画とかによくある
結構生臭げなシチュエーションだったりしますかね〜(笑)。
投稿者:千年虫
バッタリとヨコマジンのことを自分の所でも記事にしてみました。

http://plaza.rakuten.co.jp/1000nenmusi/
投稿者:さいとうひとし
>千年虫さん
なんせ唯一の情報源がブロマイド一枚だけですから、いかようにも解釈できて
頭の中で妄想ストーリーを広げることができる、というのも
結果論ではありますが、こういうパチモンジャンルのいい加減さならではの
「楽しさ」と言えないこともない、かもしれないですね。

仮にグルだったとしたら、最初は敵対しているふりをしながら
ヒーローを罠にはめるも、結局また仲間割れしている隙に
やっつけられてしまう『ウルトラファイト』的展開が頭に浮かんできます(笑。
投稿者:千年虫
私はセブンパチがバッタリだと思っていたクチです。今回、立体化と組写真を見て、コイツラ実はグルなんじゃないかと疑っています。

http://plaza.rakuten.co.jp/1000nenmusi/
投稿者:さいとうひとし
>大場晴也さん
いえいえ、お礼を申し上げるべきはワタクシの方です。
遊び心に満ち、プレイバリュー面でも優れている二体だけあって
デジカメのシャッターを切る際にも凄く楽しかったです。
我が家の一員として、これからも末永く大事にさせて頂きますね。

>ニセザタン星人さん
ねぇ、凄いですよね〜、これは(笑)。
これだけの代物をワタクシ独りだけで楽しむのは、勿体無いのを通り越して
もはや罪でさえあるだろう……というわけで、このたびここに
ひとつの記事を設けてご紹介させて頂きました次第です。

>プレダコンさん
一発ネタとしてのインパクトも勿論なんですけど、その瞬間的な笑いも
立体物としての出来が本当にしっかりしているからこそなんですよね〜。
手にとってポーズをとらせて遊ぶたびに、隅々にまで行き渡った
最新の気遣いに感動させられてしまいます。

>おどんとぐりふすさん
ええ、勿論ですともっ。
この二大怪獣、宙マンと対決させないテはないですよねぇ――
てなわけで、今後のエピソード更新にもどうぞご期待下さいませませ!
いやはや、ホントによく出来てますね。
再開かなった宙マンと2大怪獣の対決が今から楽しみです。

↑無茶振りとはいいませんよね、コレを(笑)。
投稿者:プレダコン
いやはやこれは凄い。

パチモン怪獣をここまで本気で作れるとは!

http://ameblo.jp/puredakon/
投稿者:ニセザタン星人
うわ!?すげええええええ
すげえすげえすっげえええええええええ!!
箱つきで作るなんて凄すぎますよwしかも箱が手抜きじゃない(特にエジプト壁画風の背景とか)ってのがもう凄すぎです。
バッタリは初めて見たときから何かストーリーを感じる一枚だったのですが、大場晴也さんの箱絵とフィギュア、そしてそれを使ったさいとうさんの写真で、更にそのストーリーが大きく広がった気がします。
「ああ、やっぱりこのセブンモドキは正義のヒーローじゃなくて何かこう、バッタリと敵対しているだけで人類の味方じゃないんだろうなあ」とか。
投稿者:大場晴也
あのちょっと、本人がすいません。失礼します。びっくりしました。箱見て笑ってもらってさいとう様の卓越したセンスで写真の一枚でも見せていただければよかったのに、こんなにたくさん。恥ずかしくて首の汗が止まりません。しかし写真さすがですね。魂宿していただきました。ありがとうございます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ