遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>おどんとぐりふすさん
亀の歩みではありますけど、何年もおんなじことやって遊んでると
それなりに「土地勘」も働くようになる、って感じでしょうかね〜。

あと、旧作の光線描写がピープロっぽい、っていうのは確かにそうだと思います。
なんせペイント系ソフトで、画像の上に直描きだったりしますし(笑)。
……それでも不思議なもんで、そういう荒削りなやり方であっても
やってる間はそれなりに楽しかったりするんですよね〜。
さいとうさんの真似をしたいこと、盗みたいことは山ほどありますが、「光線技の表現」もその一つ。
新旧比べてみますと、なるほど洗練されてますよね最新作は。
…もっとも、旧作の「これでもか!」という感じの光線もちょっとピープロっぽくて、気持ちがほっこりしたりするのですが(笑)。
投稿者:さいとうひとし
>NAKATAさん
映画の構成上しかたないとはいえ、『サーガ』冒頭での出演は
アーストロン初の都市部への出現というトピックスこそありながらも
ダイナとのバトルではほぼ一方的な試合運びでいいトコなしでしたからね〜。

ゆえに今回の撮影では、その辺のプチ鬱憤晴らしも兼ねてみました(笑)。
投稿者:NAKATA
たとえ展開はグダグダでも、やっぱりアーストロンはカッコイイ!!
初出の頃から格段に向上してるさいとうさんのテクとともに、アーストロンの魅力をたっぷり味わえました。

…本家ウルトラでもこのくらい活躍してくれればよかったのに、せっかくカッコイイんだし…(ボソ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ