遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>アブルっちさん
「斬られる」シーンに限らず、そうした一連の残酷な描写、
見ていて「痛さ」を感じさせるような描写によって、
私たちも知らず知らずのうちに「肉体を伴った痛み」というものを
ブラウン管の中から学んでいたように思います。

>油粘土で作ったものに糸を巻き付けて引っ張ったものです

おおっ、こんなところにも同志が(笑)!
アレがまた切断面といい、スーッと引っ張っていく際に
糸を通じて伝わってくる「感触」といい、実にイイカンジなんですよねぇ――
と言うわけでバンデル星人も、双子怪獣も、1982年の「E・T」も、
作ったそばから手当たり次第にメッタ斬りにしていた
あの頃のワタクシ……
今はといえば、カスタマイズ目的でやっぱりズバズバ
PVCやソフビを斬りまくり。
ハイ、全く成長しておりません(苦笑)。

http://blue.ap.teacup.com/plamic/
投稿者:アブルっち
 解りにくいんですけどエレキングって首と尻尾を斬られてるだけではなくて体を螺旋状に斬られてるんですよね。「セブン」屈指のむごたらしい斬られ方ではないでしょうか。
 子供心になぜか斬られるシーンは好きで、宇宙ギャオスがギロンに輪切りにされるシーンなどは大好きでした。そのくせ主人公が丸刈りにされるシーンは怖くて正視できなかったのでその辺は演出の効果でしょう。そんなことを頭に思い描きつつよく油粘土で作ったものに糸を巻き付けて引っ張ったものです。
 最近は昔と違って「浜辺で輪切りにされたクジラを見物」なども馴染みがなくなって「斬る」シーンをどう作っていいのか知っている人も少ないかも知れませんね。やはりああいう「寸断された巨大な死体の異様さや臭気」を知っているといないとでは変わってくる気がします。
投稿者:さいとうひとし
>ライデンジャーさん
放送コード的な問題ももちろんあるんでしょうけど、
首チョンパは現場サイド的にも手間がかかりますからねぇ。
それならば光線で吹っ飛ばした方が手っ取り早かろう、ということで――(笑)。

実際、首長怪獣の首の操演なんかも
それをこなせるスタッフさんがどんどん撮影現場から
減っていっている、という事実もあるみたいですし。
投稿者:ライデンジャー
 エレキングってやられ方いつも一緒なんですよね。最初のセブン以外は。
二回目以降は首チョンパが無くなりましたから。
さすがにギロチンはヤバイんですかねぇ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ