遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>樹蘭さん
このソフビを出したドリームロケットさんにとって、『赤影』怪忍獣商品の
記念すべき第一弾商品ということもあってか、塗装はもちろんのこと
造形のクオリティも、パーツ分割の細かさも、全てがケタ違いの気合の入りっぷりで
入手した際には本気で感動しましたよ〜、このソフビ。

それと「毒」のイメージに関しましては、個人的にはドグマ自体よりも
ご主人にあたる矢尻さんのほうにその印象が鮮烈だったり致します(笑)。
投稿者:樹 蘭
アゴン戦での決まり手は尻尾の先のトゲバサミで、頭を挟まれた直後にアゴンは泡を吹いて絶命したことからおそらく即効性の毒を持っているんでしょうね。小さな赤影相手には口からの炎の方が有効なので使わなかっただけで(笑)
と、youtubeの配信で改めて赤影の面白さにハマっている今日この頃です。しかしそのソフビ、リペされてないようですがその状態でも驚くほど再現度高いですねぇ

http://love.ap.teacup.com/atomic/
投稿者:さいとうひとし
>ニセザタン星人さん
『赤影』登場のオリジナル・ドグマも、毒云々の陰湿なイメージよりは
熱田宿を徹底的に破壊し、立ちはだかったアゴンを返り討ちにする
パワフルなイメージのほうが強かったもんですから、今回のお話でも
そっちの方に重点がいくことになっちゃいました。

いい怪獣です、大好きですね〜ドグマ。
こういうマイナー勢にも商品化のスポットが当たってくれる21世紀の今は
ソフトウェア面に限って言えば本当に良い時代だ、と思います。
投稿者:ニセザタン星人
ドグマ…ムカデの怪獣なのに毒が無いんですね。

宙マンは相変わらず読んでるとマイナー怪獣の知識がついていいですなぁ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ