遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>千年虫さん
ウルトラ以外の「傍系円谷ひーろー」のデザインの方向性というのも
現在は全て本流のウルトラシリーズが一手に引き受けという感があって
こういったデザインが「ウルトラマン」のものとしてスッと出てきて
なおかつそれにGOサインが出てしまう現在の状況というのは
なかなか面白いなと思う一方で、「ウルトラ以外のヒーロー」を
仮にもし生み出そうとするのであれば、本家ウルトラがあれもこれも
貪欲にやりまくっている分、それとの差別化を計るというのは
更に難しいことになりそうだな、とも感じますね。
投稿者:千年虫
トリプルファイターのようですね。ミラーマンやジャンボーグAに続く新機軸として歴史が繰り返しているような。
身体表現の生えそうなデザインでスーツアクターがよく動く今どきの特撮向きに見えます。

http://plaza.rakuten.co.jp/1000nenmusi/
投稿者:さいとうひとし
>カートさん
新田のときのスチールと比べると、髪形が格段にすっきりしていて
いろんな意味で見違えますね〜、宇治さん(笑)。
わりとウェットな方向にストーリーの比重が傾くことが多くて
ストレートに視聴者を娯楽させてくれなかったきらいもある
『ギンガ』ですが、その辺のフラストレーション払拭に期待を寄せる意味でも
坂本監督の登板は願ってもないことだったり致します。
投稿者:カート
変身するのはフォーゼでユニコーン・ゾディアーツ/新田を演じた方出そうですね。
今回は坂本監督が制作に携わるとのことで、巨大感を醸し出しつつ、お得意のダイナミックなアクションが見れればいいなぁと思っています。

なにはともあれ、こうして新作ウルトラシリーズが見れるのが素直に嬉しいです!


http://ameblo.jp/ka-tonobousou/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ