遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:克森淳
>よく考えたんだけど、ゲキレンジャーって、子供番組なのよ、これ重要。

>今の子どもたちもまた「ゲキレンジャー」のみを糧にして成長していくわけではないですから。

 ライデンジャーさん、さいとうさん、委細承知!(江田島平八風に)

 「視聴者」には一緒に見ている親とか、ズッキー・荒やん目当ての女子中高生なども視野に入れていたとだけは言っておきます。

http://homepage3.nifty.com/digineba/
投稿者:さいとうひとし
>克森淳さん
仰ることは分かりますが、そう気にしすぎることもないと思いますね。
かつて子どもだった私たちが実際そうであったように、
今の子どもたちもまた「ゲキレンジャー」のみを糧にして成長していくわけではないですから。

>ライデンジャーさん
特撮誌などの情報によれば、サメ拳聖の声は石丸さんで本決まりのようです。
……タロウといい、サメといい、何だか教官づいている石丸さん。
まぁ、恐らくは「声の現場」でもそういうポジションなのでしょうねぇ(しみじみ)。

>マスターシャーフーとラゲクの関係
で、その二人の過去のあれやこれやを回想するシーンで、トム猫つながりで
「ふられ気分でRock’n’Roll」が流れたりしたらどうしましょう?
……いえね、実は自分の小遣いで買った「はじめての、特撮・アニメ以外のレコード」なんですよ(笑)。
投稿者:ライデンジャー
 鮫の拳聖恐れたとおりシャッキー・チェンらしいですね。
…って事は声は石丸さんなんだよね、多分。
タロウなのか、ロディマスなのか?

 よく考えたんだけど、ゲキレンジャーって、子供番組なのよ、これ重要。
(ソレガシも含めた)いい年扱いた子供たちの為にやってるわけじゃ無いんでしょ。
なら、TV黙って観てれば良いんじゃないの?!
カクシターズ(失礼)も頑張ってると思うのですがねぇ。
例えば、自分が対象年令の頃、彼らの行動を理解できただろうかって事じゃ無いかな。

 下手に槓入れして、『テロリストが主役に返り咲くデス種ガンダム』みたいになって欲しくは無いですね。
投稿者:ライデンジャー
 ソレガシは臨獣殿サイドを「悪」と決めつけるのはどうかと思っています。
前にも書いた気がしますが、「弱いヤツが悪いんだよ!」って事です。
強さを求める事にわがままで貪欲だった...って事なんじゃ無いですか。
「人の迷惑顧みず、やってきました臨獣殿」ってな感じでね。
多分、「最初の拳聖は10人だった」って処に答えが有る様な気がします。
本当に強く鍛えるべきは「心」、真の敵は「己自身」...って拳法物のお約束の答えが待ってる気がするんですけどね。

マスターシャーフーとラゲクの関係はもしかしたら「トム(猫)とジェリー(クラゲ)」なんじゃないかな?
投稿者:克森淳
 ALEさんへ。

 今から「テコ入れ」と言っても、撮影や商品販売スケジュールから間に合わないでしょうと思ったら、かつて言われた言葉を思い出しただけで……。

 「中の人」やることになった経緯についても長くなるのですが、誰がどこで見てるか分からんのでそれは機会がありましたら。

>ラゲク

 どうもマスター・シャーフーと愛憎劇を繰り広げた過去がありそう……。

 さいとうさんへ。

>受け手の側にもまた、細心の「気配り」と言うのは求められれているのでしょうね

 あるいはそうかも。匿名の意見はもう、言いたい放題の「カラオケ大会」ですからね……。

 ところで臨獣殿のキャラが立ちすぎなところには最大の懸念があります。彼らのモチベーションである“悪意”が、視聴者に肯定的に捉えられないか?と言う事です。「ヒーロー番組は教育番組である」と宮内洋氏気取るつもりはありませんが、どうも最近気になって。まだ今期のテレビアニメ鬼太郎の方が、「悪因悪果」を描いていて安心出来ます。

 腹立つからうちとこの「行け!ビクトリーガイ」で、臨獣殿に酷い目に遭ってもらうとしますかね(「聖闘士星矢 黄金伝説」のように原作が未完だから適当なところでお茶濁しますが)。

http://homepage3.nifty.com/digineba/
投稿者:さいとうひとし
>克森淳さん
受け手の側が「製作者至上主義」的な考え方に陥ってしまうのは、もちろん本末転倒とは思いますものの……
こうして誰もが等しく、手軽に自身の意見を全世界に発信できるネット上での言説なればこそ
受け手の側にもまた、細心の「気配り」と言うのは求められれているのでしょうね。
いろいろ自戒せねば。うむ。

>ALEさん
>今回は別に世間に対して何にも悪いことしてなかった気が

まぁ三拳魔の場合は、復活後になにもしていなくとも
封印される前の「前科」が半端じゃないでしょうからねぇ(苦笑)。
落ち着いた物腰のカタ、お色気(笑)のラゲク……
さて、残る「大地の拳魔」はどんなキャラクアーなんでしょう?

もっともその前に、まずは次回の鮫師範に期待ですかね。
投稿者:ALE
まぁ、お客さんは出された料理を美味いか不味いかを言えばいいだけで、作る側の苦労は考えませんからねぇ。でもまぁ、その内容が良かろうと悪かろうと、どんな時でも感想を言うのは“受け手である”訳で。作り手の苦労も分かりますが、それを言い訳にされちゃこっちとしてはたまらん訳で。いや、言いたい事は分かりますよ?

ちなみに今回のエピソードは、ラゲクの強烈なキャラ立ちのお陰もあり結構楽しめました。でもラゲク、今回は別に世間に対して何にも悪いことしてなかった気が…ただ巨大化して海から出てきただけで。
投稿者:克森淳
>むー、これは冗談抜きで、「ファイブマン」以来の
>大規模な外科手術が必要になってくるかもしれませんねぇ(しみじみ)

 ワシ、いわゆる「中の人」のバイトしていた事あったんですわ。そこのリーダーから「こうやって実際に関わって見ると、マニアがいかにお気楽な見方しているか分かるだろ?」と叱られた事ありました。
 「大根」だったのでそこ逃げ出し、トラウマで平成ライダー最近まで見られんかったんですが……時々ネットの色んな言葉見てるとこの言葉思い出します。でも……。

 ゲキレンの取り入れた2ラウンド制バトルについては以前思うところ書きましたが(中継ぎのバトル入れないと話が進まなくなると言う風に)、ヒマがあったらワシのところで何か書いてみます。

http://homepage3.nifty.com/digineba/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ