遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>ライデンジャーさん
「ウルトラ」や「ライダー」などもそうですが、
造形や視覚効果などのハードウェアの精度や
蓄積されたスキルなどは、現在のほうが圧倒的に上であるにも関わらず……
だからといって、技術的にはまだまだ未成熟な「あのころ」の作品群も
そこにこめられた「熱量」ゆえに、決して捨てたものではないんですよね〜。

逆に技術が進んで、映像そのもののレベル向上が進んだ今こそ……
作り手・受け手のひとりひとりが、いたずらに過去を懐かしんだりするだけでなく
「あのころ」以上の圧倒的な熱量で、「今」と対峙していく必要があるのかもしれません。
投稿者:ライデンジャー
 ふと思い出した事を……。
ガンダムで一躍有名になってしまった某監督。
色々なファンと対談すると「TVファーストガンダムが一番いい!」と言われるのだけれど、「^o^;はづかしいから見ないでください」と何時も照れています。
 作品の出来もさることながら、其処にかけた情熱の熱さに共鳴したのかも?と何時も思わずにはいられません。
自分もそうでしたし……。
無いなら無いなりに、創意工夫する心が感じられるから熱いんじゃないでしょうかOK
例えば、プラモ狂四郎の「プラモスピリッツ」みたいな物とかね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ