遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>おどんとぐりふすさん
「おっさん臭さ」と言う要素を年食ったショボクレぶりと見做すか、
あるいは年輪を重ねているがゆえの落ち着きある包容力の魅力として
上手く昇華できるかは、ひとえに脚本と演出、演技の総合力にかかってきますから
「ガンガー的」なるものの再来と言うのも、上手に仕掛けていけば
案外ありえないことではないのかもしれませんね。

作曲の小森昭宏氏、「これくらいのお弁当箱」にをはじめとした
童謡分野でのお仕事で高評価を得ている方なんですが、
こと男児向けアクション作品の主題歌においては、その凄まじい疾走感ゆえに
スタジオミュージシャンの方々にdでもない無理を強いる方としても
一部では凄く有名な作曲家さんです、『忍者キャプター』の主題歌とか(爆笑)。
投稿者:おどんとぐりふす
今ガンガーのデザインを見ると、一週周ってベイマックスというか…
「もっさりしてて頼もしい」っていうのも、案外時代を超えて愛されるのかなぁ、と思ったり。

作曲の小森昭宏さんについて以前知りたくてググってみたら、ライディーンとかバラタックとか、バトルホークとかロックバットとか、味のある名曲をものした方だとわかってムムムと思ったことが。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ