遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>NAKATAさん
考えてみればそうなんですよね〜、ベンゼン星人とは今回が初対決なんですよね。
ついついウルトラ以外のキャラクターに出番を咲きたくなっちゃうもんですから
通常は前面に出てきてもおかしくないウルトラシリーズのメジャー怪獣・宇宙人が
何故か『宙マン』シリーズだと出番に恵まれず、隅っこで大人しくしてたりとか(爆笑)。
まぁ、メジャーとマイナーの別なく、平等に愛しているつもりではあるんですが。

>ありあけさん
有難うございます。
メトロン星人だと「夕陽」だったり、ムルチだと「どしゃ降りの雨」だったり
怪獣・宇宙人とワンセットで語られることの多い登場シチュエーションの再現を
わざと「外す」っていう楽しさも確かにあるんですよね、ごっこ遊びには。
もちろん再現には再現の良さもあって、それはそれで大事にしたい要素なんですけど。
投稿者:ありあけ
映画では妖怪山で戦っていたベンゼン初の市街戦ですね。夢のシチュエーションが上手に再現されていて素晴らしいです。
投稿者:NAKATA
そういえばベンゼン星人も今まで宙マン未登場だったんですね。
出待ちが長かっただけあって洗練されたテクで良い見せ場が貰えたのが収穫かも。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ