遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>Bluehairさん
ボルストは刹那ながらも、ギンガとの対話を交わすことが出来ましたけど
こっちは宙マンに「グラシエが中に乗ってる」ことさえ認識されてないですからね〜。
まぁ、その辺は登場するキャラクター相互の出番を調整していく
「交通整理」の限界で、ひとえにワタクシの未熟さゆえなのですが(赤面)。
投稿者:Bluehair
久しぶりのコメントになってしまいました(笑)

色々な陰謀が動いているようですが、細かいところをひとつ…
正気に戻った直後に爆死するというグラシエの最期が
「ギンガS」のボルストあたりを思い出しますね。
投稿者:さいとうひとし
>千年虫さん
ジャンボット側の物語要素とメグリーネ・マザロン側の物語要素を融合させて
より展開をパワフルにしていこうという意味も込めて、今回メグリーネには
かなり一気呵成な切り込み方をしてもらいましたー―
そしてその一方で、訳もわからぬうちに生き返って訳もわからず再び死んでいった
グラシエの扱いに関しては、ひたすら申し訳ないと頭を下げるほかないのですが(笑)。
投稿者:千年虫
グラシエ君がそれなりの戦果を挙げて返り咲き、実はスパイとして潜入、という展開を考えていたのですが、巡音さん、一気に切り込みましたね。鋭い仕事ぶりです。

去年の今頃パワハラの手口の一つで「お使い」を散々やらされましたが、百害あって一利もありませんでした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ