遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>おどんとぐりふすさん
有難うございます。
ベビーフェイスだけでなく悪役に回してもしっかりいい味を出してくれるのは
とりもなおさず、玩具のジャンボットが出来の良いものだからこそなのだと
改めて感謝の念を抱かずにはいられませんでしたね。

魔王獣関係の設定、どうしても『宙マン』には取り込みたかったので
ああいったアレンジになりましたが、その辺の設定後追いのパッチワークにおける
つじつま合わせもまた、既存の玩具によるフォトストーリーならではの
大きな楽しみの一つなのかな、とも思います。
投稿者:おどんとぐりふす
宙マンワールドのジャンボット、とてもカッコイイキャラだったのでいなくなるのは残念な気持ちもありますがそこは…
悪の華は散り際がいちばん美しいと思わせていただきました。

邪神自体に己の意思があるなら、そりゃおいそれと他人に従うはずもなく、これで帝国や超獣軍団の「火遊び感」も増すというもの。
ガタノゾーアはティガ劇中だと「カオスそのもの」というか、暴威ではあっても知性的なイメージは全くなかったので。これまた面白い&効果的なアレンジだなぁと思いました。
投稿者:さいとうひとし
>ティエヌさん
ありがとうございます。
結果的に長く引っ張りまくってしまったジャンボットとの決着、
どうにか今回をもって一応の区切りをつけられましたので、これからは
今回の展開をハバネにして、より楽しい『宙マン』にしていけたら、と思っています。

>龍曇さん
『17』の主題歌紹介は、あくまで放映40周年記念にかこつけてのもので
特に『宙マン』との関連性をもたせたつもりはなかったのですが
考えてみればご指摘の通り、ちょっと面白いシンクロブリですね(笑)。

「モトナリウスの変身体=アシッドワーム」については、割と早い時点から
考えてはいたのですが、なかなかそれを本編に組み込むチャンスがなくて
今回ようやく、その辺のサプライズが実現できて個人的にも嬉しい限りです(笑)。
投稿者:龍曇(ロンドン)
『大鉄人17』の主題歌がUPされたのは心ある鉄巨人繋がりでしたか。あとは「弟」という言葉ですかね。
そして最後に「アシッドワーム」!?
丼物🍜を食べていくと底に思いがけない具材が入っていたときの驚きに似てます(笑)
投稿者:ティエヌ
途中になってすみません💦

宙マンの敵として、ユニクロン帝国の“闘将”として、最高のキャラクターでした!
もう一度言おう!さらばジャンボット!!(泣)
投稿者:ティエヌ
さらばジャンボット!
敵としての強さと威厳、最後に見せた弟ジャンキラーへの思い、
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ