遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>レッドブイアイアンさん
>宙マンに似た設定

と言うと、ご町内単位で活躍するローカルヒーローになるってコトでしょうか?
何はどうあれ、楽しいものにしていって下さいね〜。

>市川大河さん
いわゆる最初期の「83年デビュー組」のウルトラ怪獣シリーズの中では
キーラの出来のよさは確かに抜きん出てますよね。
レッドキングの足の短さ(笑)と並んで、玩具化時における
ディフォルメの方向性と、その思い切りのよさが
ともに理想的な形で結実したものではないかな、と思います。

それはそうと、現在の目で見るとかなり苦しい初期版エレキングの造形ですが……
実はワタクシ的には嫌いじゃない、どころか結構思い入れがあったり致します(笑)。
それまでどこかコロコロ、ぽちゃりと丸いイメージの強かった
ソフビ版エレキングの中にあって、その真逆をいくかのような
すらりとしたプロポーションと、それまでのどのエレキング人形よりも
シャープに、エッジの立ったモールドで造形された頭部の造形などには
「ああ、とうとう怪獣ソフビにもリアル造形の波が押し寄せてきたのだなぁ」と
子ども心にも「新時代の到来」をひしひしと実感せずにはいられなかったものです、ハイ(しみじみ)。

>この後「鹿児島編」とか「神戸編」とか
あ〜、機会があれば是非やってみたいですね〜。
とりあえず第二部の「宙マン」では、松戸時代以上に
地域との密着度を強める方向でいこうかな、と思っておりますゆえ
今後ともどうぞお付き合い下さいますよう(ぺこり)。
投稿者:市川大河
余談ですが、キーラはバンダイソフビスタート時の
83年組の中では出色の出来の良さなんですよね。
テレスドンやエレキングと同期だとはとても思えないです。
ちなみに、自分は実は
レッドキングは現行の新規造形よりも
83年版の、あの腕をぶんぶん振り回しているような
暴れん坊のやんちゃ小僧のような造形の方が
好きだったりします(笑)

何はともあれ、いつものメンバーによる
北海道編を、楽しみたいと思います。
(っつーてこの後「鹿児島編」とか「神戸編」とか
もしあるとすると、それはそれでさいとう氏の
仕事の翻弄ぶりに繋がるので、安定を願いたい部分の方が大きいですよ(笑)

http://ameblo.jp/ultra-taiga/
投稿者:レッドブイアイアン
俺のザバイマンも宙マンに似た設定にしたいなー
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ