遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>龍曇さん
真横から見ると、古代インカ帝国とかアステカ文明当たりの
レリーフ画のようにも見えたりして、その辺り上手く差別化には成功してる感じですね〜。

仰る通り、今後の再登場があるとしたら怪獣同士の競演劇にも期待です。
それによってまた、新たなキャラの一面が拓けてくることもありえますから。
投稿者:龍曇(ロンドン)
2話でキングゲスラが登場して、「全然間を置かないで似たような怪獣を出すんだな」と思っていたんですが、本編見たらゲスラとは全然印象の違う別の魅力を放った暴れっぷりに惚れ込んでしまい、放映後すぐにソフビを買いに行きました(笑)
近年は新怪獣の近々の再登場がよくあるのでもしそれがあるなら1話のヘルベロスとの対決とか見てみたいですね("⌒∇⌒")
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ