ぽぷら21:今日の句日記

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ナツ女
春の雪だからいいのですね、淵もどこか明るく膨らみますね。
私はしょっちゅう打ち間違いをする、送ってしまうと訂正も削除もできないんですよね〜(*^_^*)
投稿者:かをり
朝大慌てでコメントを入れたら、「対極」が「対局」の変換ミスに・・・どうぞお許しを!
投稿者:橋本喜夫
春の雪は明るいといいつつ、暗い感じの句に
なってしまいました。いま読むとびっくりし
ますね。暗い中七と春の雪のミスマッチもいいのかなと・・・
投稿者:ナツ女
最高得点おめでとうございました。24時追憶はなんだったのでしょう?それはほんのり甘くちくりと痛く、、。
投稿者:晴生
追憶の春といえば、過ぎし良き日ですが、春の雪となると、淡く消えやすいイメージが浮かんできます。それが、(淵にたたづむ)と言う措辞になったのでしょう。
投稿者:かをり
本当にお疲れ様でした。「春の雪」の対局は「吹雪」なんかじゃなくて、晩秋の「時雨」でしょうね。こちらはとことん暗く沈潜しています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ