ぽぷら21:今日の句日記

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:章子
晴生さん
もう札幌にアオサギが来ています。ところが今日はなんと雪が降ってしまったのです。きっと準備中の巣の上にも積もっていることでしょう。あまり早めの子育ては危険なようです。鳥から見ると何処で見上げている人も「さびしからんに」なのかもしれませんね。

かおりちゃん
本当に鳥の仲の良い様子を見ていると、いいなぁ〜生きてることってこんなに楽しいことだったんだと思うのです。

友ちゃん
この時期はまさに帰る鳥と、来る鳥が重なる僅かな時期に当たります。鳥は何も話さないだけに、人に様々な思いを抱かせるのかもしれません。
投稿者:友子
帰る鳥もいれば家族の一員のように番となって来る鳥もいて、何かしら人の暮らの傍らにいるのが鳥なのでしょうか。それもいろいろな姿を見せて。
投稿者:かをり
章子ちゃんの句日記を読んでいると、愛らしい小鳥の姿が彷彿としてきます。武者小路の「仲良きことは美しきかな」ではありませんが、仲睦まじい鳥の様子は、どんな寂しい時でも幸せな気分にしてくれます。
投稿者:晴生
札幌に居た時、散歩道の途中にある川の真ん中に、青鷺がT羽佇んでいるのを、折々見かけました。ある時、その青鷺が飛び立つ姿を見ようと、立ち止まりましたが、まるで彫像のように動かず、脛をせせらぎにうたせているだけで、遂に根負けして立ち去った記憶があります。

近くの川では、白鷺をみますが、子鷺で後頭部に二筋の冠毛が愛らしく、姿も優雅です。忙しなく餌をついばみ、せせらぎに細い脚を運び、連れだって飛び立つ様は、周りの新緑に、純白の姿が映えて、正に一幅の絵をみるようでした。

章子さんの見た白鳥は、「鳥帰る」そのものですね。

鳥帰るいづこの空もさびしからんに   安住 敦

この「さびしからんに」は、章子さんのさびしさに共通するものでしょう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ