ぽぷら21:今日の句日記

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:かをり
ここにきて、一気に春が躍動しているという感じがします。長い冬の後の春の喜びはひとしおで、心まで弾んできますね。
投稿者:友子
今日も暖かい日でしたが、祝日の昨日も素晴らしいお天気でしたね。窓ガラスを拭いたあと北大のキャンパスを散策してきました。でもまだ蕾はかたくななままでした。ゆっくり待つしかないですね。
投稿者:ナツ女
まだ襟の立つる風あり初桜  晴生さん
本当に寒かったでしたね。あの日以来”襟立つる”は晴生さんの言葉、使えない、と(*^_^*)。
 今日もとても穏かで暖かい日でした。麗しの七曜、章子さん水芭蕉見てきました?
投稿者:章子
円山公園の桜が咲いているのですか。白樺の芽がやっと開きかけたこの頃。水芭蕉は2週間も早く見頃となり、そこへ再び雪が積もったりで、どうもいつもの年と順番が合わないようですね。このごたごたが春らしくもあり、この時期になるとこの句を思い出します。

麗しき春の七曜またはじまる  山口誓子
投稿者:晴生
吟行は、苦手なのですが、札幌に居た時の数々の吟行の楽しかったことが、鮮やかに蘇ってきます。その一つが旭山公園で、五月初旬のまだうすら寒い時でした。桜も数える位しか咲いていなかったと思います。その時の句は、「まだ襟の立つる風あり初桜  晴生」でした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ