ぽぷら21:今日の句日記

 

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:かをり
豪華な薔薇はたしかに美しいけれど、どこか近づきがたい感じがします。そこへいくと、野茨は清楚で可憐。晴生さんのおっしゃる通り「少女」の趣ですね。
投稿者:友子
やはり自然に優るものはないのでしょうか。章子さんと晴生さんのお話で野茨の楚々とした魅力が伝わってきます。このところの一気に上昇した気温で花にも疲れがあるのかしらと、お隣の夜に映える深紅の薔薇にも魅せられています。
投稿者:晴生
野茨の花が好きでした。白い五枚の花片の小さい花が、清楚な少女を思わせるような可憐があり、シューベルトの「野ばら」の歌や、蕪村の「愁いひつつ岡に上れば花いばら」を思い出させることもありました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ