ぽぷら21:今日の句日記

 

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:友子
先日故郷へ行ってきたのですが、帰りは遠回りしていつもと違う道を車で通った所芒ばかりの道がありました。両側から芒が続き何かの道案内のようでした。多分一人なら一層淋しく思えたかも知れません。
投稿者:章子
曽爾(そに)高原とは名前からして、何か遠い昔の響きがありますね。きっと何かに縁のある場所なのでしょう。樽前さんをほんの少し歩いたでしょう。あそこも沢山の薄が光り金なのか、銀なのかここが何処なのか分からなくなるような気がする場所でした。
投稿者:晴生
日光の戦場ヶ原の湿原を木道に沿って、2時間ほど歩いたことがあります。両側に果てしなく枯芒、枯蘆が続き、正に別の世界に踏み込んだ思いをしたことを思い出しました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ