ぽぷら21:今日の句日記

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:麻衣
長くお付き合いさせてもらう素敵な縁もあれば、短くても人生に深さや濃さをもたらしてくれる縁もあるのだなあと、しみじみ感じました。津田清子さんの言葉も、その言葉を書きとめていたかをりさんも、かっこいいです。
投稿者:かをり
厨さま、ほんとに俳縁とは不思議なもので、圭ですれ違って、銀化でお会いできたのですね。
投稿者:厨
ははあ、懐かしいですなあ。こうしてみると、私が止めたのが5年ですから、すれ違いですな。と申しましても、私は句会でしたので。私も、毎回コメントをメモしましたよ。どれも、納得ずくのお言葉でした。かくなるうえは、整理せんとノートを取り出したるはいいのですが、自分の字ながら読めないのです。ただ、「日記に書いときなさい」は、つとに有名でしたね。
投稿者:ナツ女
津田先生のお言葉、個性が大事ってことでしょうか、いいご指導でしたね。
今日出かけたところの牡丹は咲き疲れたように花びらをしぼませていました。しどけない様には感じませんでしたけど(笑)。
投稿者:かをり
今年の一月に寒牡丹をご一緒させていただきましたが、牡丹苑も終わったのですね。奈良では長谷寺の牡丹が有名で、その時期はものすごい人出です。
投稿者:晴生
上野東照宮の牡丹苑は終わりました。牡丹は散る際の情緒がありますが、やや萎れたさまのリアリテ―のある句ですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ