ぽぷら21:今日の句日記

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:章子
そかくさま

NHKの朝ドラを見たことがなく残念です。が逸品と聞けば見てみたい気はします。
投稿者:そかく
章子様
せっせとVTRでみていました「純情きらり」はNHKの朝のドラマでは「すずらん」以来の見るに値するドラマでした。
戦争で死んでいった者達が大勢いたのに「こんな楽しいことをしていいのか」というような恋人の言葉に主人公は言うのです。確か「生きている人は幸せになりたい」という内容です。幸せはこの世でつかまないといけません。遊女と客の世の中(時代)ではないのですから、心底幸福を味わいたいものです。
幸福も今より幸福、あの人よりも幸福、そういう相対的でない、幸福を味わいたいですね。
追伸 「すずらん」は逸品でした。
投稿者:章子
そかくさま

日生劇場で蜷川幸雄演出の「近松心中物語」を観たのは20代の前半。しかし、つい昨日のことのようです。そかくさまのコメントで劇中の言葉がみえてきたような気がします。
有り難うございます。
投稿者:そかく
この世で幸せになれない定めならば、あの世で幸せになりたいと思う。そこに連れ添う相手がいれば共に燃えて越えていく。
心に燃えるものあらば、燃やすのが生きる証。燃やす力、それは生きる力。心中はあの世で生きる力。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ