2009/12/14

ミソもクソも一緒の「事業仕分け」によって  文化・芸術
ただでさえ少なかった日本の芸術振興のための予算が削られようとしている。
断っておくが、福田は、「事業仕分け」自体の価値は認める。看過され続けてきた・・というか、従来、議論の対象にすらなりえなかった不透明な金銭の流れを明確化し、それを具体的に「せき止める」ことを可能にした「事業仕分け」の功績は確かに大きい。しかし。こと、科学、芸術に関する「出費」については話が全く別だ。「科学、芸術方面の予算」と「天下りに払う無駄な給料」を区別しようとしない(あるいは出来ない)「仕分け人」の見識の浅さには心底あきれ果てる。科学、芸術の振興=文化の振興は、言うなれば「余剰」の部分でこそ成り立つ。文化とは、そもそも、人間の精神の余剰においてのみ成立し、それを我々は「豊かさ」と呼び、それが現実のものとして成立するには、経済における余剰が絶対に必要となるのだ。「文化の振興」には、明らかに、回収の可能不可能を問うべきでない「投資」が必要になる。それが文化というものの本質である。この事実が理解できず、ただ短期的に「損益が大きい」「経費がかかりすぎ」という理由だけで、文化振興費を削減しようとする態度は極めて無知であり、その無知さにおいて本当に許しがたい。
アレンジャーの丸山和範さんというかたから、以下のメールが届いた。
是非、熟読の上、文部科学省に対する抗議メールの作成にご協力願いたい。
なお、文字級数の設定は福田が行った。
以下、丸山氏からのメール

■ご存知でしょうが、急を要するので、メール致しました・
よろしければ読んで下さり、是非ご協力お願い申し上げます!!
一度パソコンに転送されてまして操作するとよろしいかと思います。
ご自分のお名前立場も添える方がよろしいかと思います。
お知り合いとかお友達に転送して頂けますと嬉しいです。
民主党による事業仕分けによりオーケストラやそれに準ずる活動への予算が来年度から廃止・大幅削減される事になりそうです。

具体的には全国のオーケストラで発表されている来年度の定期演奏会などの公演の殆どが中止・プロジェクトの廃止となってしまいます。オーケストラが行う子供の為の音楽教室も無くなります

そして1番大きな問題は日本の殆どのオーケストラが潰れてしまうということです。
日本のプロオーケストラ、ウインドオーケストラは国からの支援、企業による援助によってようやく演奏会を開く事が出来ます。華やかな舞台とは違い少ない予算と沢山の努力によってやっと経営出来ているのに、国からの予算削減・事業廃止と言われたらたちまち仕事がなくなりオーケストラは解散するしかなくなります。このままだと全国に2つしかオーケストラが存在しなくなるかもしれません。
そうするとコンサートもオペラも、接する機会が無くなります。
職を失うのは指揮者、楽団員だけでなく、事務局の方々、音楽事務所の方々、ホールを使わなくなれば赤字になり結局ホールの職員の人たちも生活が厳しくなります。
一つの分野が衰退していけば様々な所に波及し、日本に芸術分野が存在しえなくなります。
小澤さん、飯森範親さん、中村紘子さん、藤岡幸男さん、作曲家の三枝さんなど楽界を代表される方たちが芸術文化を守るため活動してくださっています。

皆さんにも文化を守るため今の状況をご理解頂いた上ご協力して頂きたいことがあります。これを読んで頂いた方にお願いがあります。
文化庁へ意見の申し立てのご協力をお願いしたく思います。
皆さんにEメールを2通送って頂くことにより事態が変わって行くかもしれません。
お忙しい中恐縮ですが芸術、音楽の必要性を政治家、仕分け人、行政、そしてたくさんの人に理解してもらう為に是非ご協力お願い致します。

メール(携帯、PCなどなんでも構いません)の内容ですが
その際件名は

1通目件名:事業番号「4」事業名「文化関係1 独立行政法人日本芸術文化振興会」

2通目件名:事業番号「5」事業名「文化関係2―芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」

本文(共通):中川正春文部科学副大臣
後藤斎文部科学大臣政務官宛


1件目本文:『芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。』

2件目本文:『プロ・オーケストラによる本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。
この事業は日本の文化活動を底支えしようという事業、また子供達の感性を豊かにし、将来の日本を担う人材を幅広く育てよう、という事業だと考えます。
この事業の継続を強く希望します。』


宛先はnak-got@mext.go.jp期限は12/15になります。
今沢山の人の声が必要です。沢山の人にこの事態を知って頂き、ご協力をお願いしたいです。
芸術は儲かるものではないのかも知れないし、すぐ結果が見えるものではありませんが生きていく上で無くてはならないものです。皆さんのご意見是非発信してください。■

以上、心から、ご協力をお願いします!!

2009/12/16  1:27

投稿者:ラリー
私も流星群見ながら、mixiで福田さんの見て、即、友人にメールして自分もメールしましたよ。
友人もメール転送してくれて、その友人もって感じで広がって行きました。何人送ってくれるか分からないけど、「塵も積もれば山となる」になると良いですね。

2009/12/15  14:12

投稿者:二郎
高野巨人は猛烈に怒っている。自分も含め多くの同志たちがこれによって路頭にまようかもしれない。それ以上に芸術文化を蔑ろにする国なんてこの星で尊敬される訳がない。高野巨人は戦う。感性の欠片もないこの仕分けをした輩に必殺歌唱を浴びせてやりたい。

2009/12/15  10:38

投稿者:misaki
福田さん、ここで広く呼びかけてくださって ありがとうございます。
「事業仕分け」、私も賛成でした...ただ、漠然と「税金の無駄遣いが減らされる」ことだけ期待しながら、自分では何も具体的にチェックしないまま。こんなに大事な予算が削られようとしているとは知りませんでした。
子供たちに生の舞台を体験させたいと、いろんな機会を見つけては参加しています。政治家任せにしないで、自分たちで声を上げなければ。
気づかせてくださってありがとうございます。
早速 賛同してメールを送りました。同じ活動をしている友達にも呼びかけました。みんなの声が届くことを願っています。

2009/12/15  1:50

投稿者:PUMITON
星に願いを・・・
ふたご座流星群・・2時間でたくさんの流れ星を見ましたよw
願い事もしました。

なんてことも時間の無駄、何の利益にもならんてことになるのかねぇ〜
とにかくメールはしておきました。

2009/12/15  0:02

投稿者:爆じゅん
>一つの分野が衰退していけば様々な所に波及し、日本に芸術分野が存在しえなくなります。
この部分が一番心に響きますね〜
・・っていうのは、、最近ちょっと感動したことがあって・・・。
伊勢神宮の宇治橋がちょうど新しく完成したところなんで見て来たとです。
宇治橋も含む神宮式年遷宮・・・
20年に一度作りなおすっていうのは莫大なお金がかかることで、何もまだ大丈夫なものをわざわざ壊してなんて素人的には思いがちだけど、大きな理由の一つとして建築技術の伝承があるんだそうで、千三百年あまりずっと絶やさずこうして行って来たから今があるワケですね〜。
それをどこかで一端でもやめてしまってたら今はどうなってたのかな?絶えてる可能性もあるよな。・・・って考えたら、その橋そのもの美しさを目の前にして、こうして文化って守らるんだなぁ・・・って感動したですよ。
オーケストラに限らず、文化の存続に関するお金を節約しようっていう方向に向かったら芸術や文化ってきっとほんとにどんどん消えちゃいますよね。

楽しみにしてるプロジェクトのこともあるしw、そんなこんなで同意しますんで、メールしますね〜!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ