2010/7/6

「内容の無い音楽会」をいまさら10倍とは言わないけど2倍くらい楽しむための補足 その2  
ここで、「フュージョン バトルシップ」に横溢する、「フュージョン」というジャンルへの揶揄っぷりのキツさw、について触れておこう。それをちゃんと語るには、結構時代を遡る必要がある。
わが国で、ロックバンドスタイルで演奏される、ボーカルパートの存在しないいわゆるインストゥルメンタル音楽に対し、「ロックとジャズがお互いに影響を与え合った音楽」の意味で「クロスオーバー」という表現が使われ始めたのは1970年代中期である。それが「ロックとジャズが融合した音楽」=「フュージョン」という表現に変ったのは1970年代末期。福田は二十歳そこそこの音楽青年としてまさにリアルタイムでこの時代を生きていて、1976年頃からインストルメンタルバンドを始め、1978年には「フュージョンバンド」の「夢職人」でYAMAHAのコンテストEastWestに出場している。そんな状況の中、とにかくバカテク!!スゲー!!なんなんだあいつら!!と表されたバンドが「カシオペア」で、デビュー前からその異常なまでの演奏のシュアーさとクオリティの高さは、当時の若手の中では完全に頭一つ抜けた存在だった。その後、彼らが一つの核となって「日本フュージョン界」を形成し、数多くのフォロアーを生んだのは疑いようも無く、曲調や根本的嗜好性は異なるものの、福田とギタリスト斉藤英夫が1980年に結成したバンド「YOU」も、間違いなくその影響は受けて1981年にデビューしている。「YOU」のデビューアルバム「PICKY SLICKER」の一曲目、「May be love」の16beatシンコペーションの多様っぷりは、明らかに「カシオペア」の楽曲のそれを上回っているし、今聞くと妙に「挑戦的」ですらあるw。しかし、明確に「日本フュージョン界」の正統的アルバムたろうとしたこの「PICKY SLICKER」がセールス的に振るわなかったことや、当時どんどん台頭していたニューウェイブや、スタイル的には全く逆だがTOTOなどの「ハイテクなロックバンド」の影響もあり、福田も斉藤英夫も、そしてベースの荻原基文も、16beatのフュージョン、というスタイルにどんどん嫌気がさしていった。実際、「PICKY SLICKER」発表以後のライブで、16beatのいわゆる「フュージョン」楽曲は意識的に排除されていき、約1年後に制作を開始したセカンドアルバム「NaturalBeauty」(最終的には映画「燃えよ!カンフー」のサントラ盤としてリリース)では、その種の楽曲は2曲くらいに減ってしまった。そんな意識の変化と時代の流れの中で、福田の中で「フュージョン」というスタイルは猛烈な速度で「古臭いもの」へと変貌し、「内容の無い音楽会」の制作を始めた1980年代中盤においては、単なる揶揄の対象であり、音楽表現として「(ほぼ絶対に)避けるべきもの」になっていたのである。したがって、「フュージョン バトルシップ」中、曲の展開部分で使用しているあからさまな分数コード(ある音楽が「フュージョン的」であるための一つの最も安易な方法論!)も、実は当時、「うわー、なんつーコードアレンジ!はずかしー!」という大笑いのギャグなのだった。思ったより屈折してるでしょw。
とまあ、こんな風に、明らかに「近親憎悪」的要素も含んだ感情が、「フュージョン バトルシップ」制作の強烈なモチベーションであったことは間違いない。ちなみに、この「フュージョン的表現」への憎悪というか嫌悪感は福田の中でずーーーーーっと尾を引き、自分の中でなんとなーく折り合いがついたのはわずか数年前であるw

2012/10/4  7:40

投稿者:うりかねぐん
ものすごーく遅いレスです。
私も当時生福を買って腹を抱えました。
先輩たちに聞かせたら、軍艦マーチのギターソロが野呂一生そっ
くりの「意味のない速弾き」になっているとバカ受けでした。逆
にドラムは真面目な意味で神保にそっくりでしたね。
私も経過は違いますがフュージョンが長らく苦手で、この文章に
はとってもシンパシーを感じます。カシオペアのキメがどうして
もコミカルに聞こえてしまって...
最近になってようやく、ジェフベックやチックコリアも悪くない
かなという気になって来ました。
キーボードマガジンの連載当時から福田さんの文章のファンで
す。ドレッドヘアの回とか今でも暗唱できます。はっきり言っ
て、一番影響を受けた文章です。これからもどうぞお元気で。

http://d.hatena.ne.jp/hachi/

2010/7/9  0:24

投稿者:同じ苗字デス
まりまりどの〜〜☆
怪獣以外に盛り上がれる共通のネタがあって、嬉しいス(爆)「イブニング・スキャンダル」でしょうか?
「風のシルエット」はもちろんのこと、あのウエスト・コーストサウンドにはハマりましたよね〜〜(>_<)

今夜は、向谷実とメロディーズ@梅田AKASO(旧:バナナホール)に行って来ました(^o^)
カシオペアファン友達とYAMAHAのイベントの話をしたら、「生福」「内容の無い音楽会」の2大ワードが通じて、めっちゃ盛り上がりました!!

2010/7/8  19:18

投稿者:爆じゅん
今朝、書き忘れたこと。
ふっと気になったんですけど、福田さんは、例えば中・高校生くらいの時、弟さんや妹さんが自分のレコード(もしくは大切にしてるもの)を勝手に触ったりすると怒りましたか?

2010/7/8  12:44

投稿者:まりまり@携帯
同じ苗字さまぁ〜

ボビーコールドウェル!!
私も、好きでした。 初めて ジャケ買いをしたのが、彼のアルバムでした。

2010/7/8  8:19

投稿者:爆じゅん
そうそう。当時、自分の好きな曲に出会うっていうのは圧倒的にラジオが多かったんですよね〜!
「FM fan」・・・懐かし☆
こまかーーーーーい字でみっちり書かれてるもんだから、勉強する時より蛍光ペンが役立ちました(おいっ)ww

ハーブ・アルパートの「RIZE」
どんな曲だったっけって聴いてみたら、あ、これもうちにあった!
そう言えば怒られないようにあんまり触らないようにしてただけで他にもいろいろあったような・・・
あたしがガキンチョだったから相手にされなかっただけで、兄、私が思うよりいろいろ聴いてたのかも・・・
うーん。。。もうちょっと勇気だしていろいろ探っとけば私の音楽の幅も広がったかもなぁ・・・

2010/7/8  1:35

投稿者:同じ苗字デス
うわうわうわ(>_<)
テンション上がる〜〜↑↑
確かに、当時は「インスト」という表現が一番メジャーでしたね。「クロスオーバーイレブン」(NHK-FM)とか、FMの音楽番組で「お♪なんて言うアーティストの、なんて言う曲だろ?」と気に入った曲を雑誌「FM fan」で調べる時、「インストゥルメンタル」というカテゴリー分けがされてましたね。

リー・リトナー、ボブ・ジェームスと聞くと、ホント心身がほぐれる(^_^)
ハーブ・アルパートの「RIZE」、CMでめっちゃ流れましたよね〜・・・だ〜いすき♪今でも名曲だと思ってます。ブラス系インストであと1人、チャック・マンジョーネも良かったな〜♪
→という入り口から、更にあの人この人、あのバンド・・・と、好きになって行ったデス。
Weather Reportは、恥ずかしながら代表曲を幾つかしか聴いたことがありません。これではフュージョン・ファンを名乗れませんね^^;)

「今聞いても、超カッコイイ」曲、フュージョンではいっぱいありますよね!!
ジャンルを問わず、ありますけども。
AORといえば、私はボビー・コールドウェル(>_<)
ルパート・ホルムズもこちらのくくりかな・・・

・・・などなど、私は70年代終盤〜80年代初めに、実に多彩なサウンドをラジオなどでたやすく耳にすることが出来て、幸せだったと心底思います☆

2010/7/7  19:25

投稿者:爆じゅん
そっかぁ。同じインストの中でも更に枝分かれしてるんですね。
うちの兄は特別「音楽好き」ってワケじゃなかったので、その兄がアルバム持ってたってのはよっぽど流行ってたんだろうな、と。
福田さんの挙げられた方々、名前は聞いたことありますけど、ちゃんとそれと認識して聴いたことあるのはハンコックやチック・コリアくらい・・・。
ウェザー・リポートの「Heavy Weather」 うあ。以前もオススメだったのにまだ聴いてないこと思い出しました!(><)
絶対聴きます〜! てか、絶対聴きたいっす。

ところで、今朝、80年代にはラジオから「フュージョン」って無くなってたように思うって書きましたが、
1曲、耳タコ状態になるまでラジオから流れて来てたインストの大ヒット曲を思い出したので一応訂正をば。
シャカタクの「Night Birds」、あまりに覚えやすすぎなんで未だに口ずさめちゃったりするほど・・・

2010/7/7  17:22

投稿者:fukuda
まあ、俺らが聞いてたのはハーブ・アルバートとかではなく、(この手はどっちかと言えば同じインストでも「イージーリスニング」ね)リー・リトナーとかボブ・ジェームスとかトム・スコットとかスタンリー・クラークとかジョージ・デューク、もっとジャズよりではハンコックやチック・コリア、バンドで言えばスタッフとか、あとは、なんと言ってもウェザー・リポートかな。ウェザー・リポートに関しては、もし聞いたことないんだったら絶対に聞いておいたほうがいいよ。「Heavy Weather」っていう名盤中の名盤あたりは、特に。当時、これを聞くと、日本のフュージョンが全部おこちゃまに聞こえた。それはそれは奥深い「フュージョン」アルバム、傑作中の傑作。たしか1978年のアルバムなのに、今聞いても、超カッコいい。

2010/7/7  8:26

投稿者:爆じゅん
フュージョンやインストって、兄世代の音楽のイメージ(ハーブ・アルパートとか大流行だったんですよね)で、
確かに私が自分の意志で音楽を聴く(情報源はほぼラジオ)年齢になった80年代にはラジオから「フュージョン」って無くなってたように思います。
大流行したものってのは、猛烈な速度で古くさく感じるようになりますね。

「クロスオーバー」っていう表現が使われ始めたのは1970年代中期だってのは知らず、このことからいろんな事が解けますた☆

2010/7/7  1:32

投稿者:同じ苗字デス
>当時間違いなく日本一の人気とテクニックを誇ったフュージョンバンド「カシオペア」

「補足その1」で、fukuda氏にこのように表現して頂き、ファンとしては大変嬉しいのですが、スクエアファンが聞くとカチンと来るだろうなぁ^^;)

あっと言う間のデモ@銀座、時間は短いけれども、「お2人そろってのデモは最初で最後?二度と観られないのではないか??」と思うと、チョー行きたい(>_<)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ