2011/3/29

めんどくさがりの人のために 番外編  
現在、福田、クライアントからの指示待ち中。
この時間を利用して書いてみます。

今日は3月29日。
本来なら、井上陽水さんの去年からのライブツアー「POWDER」の千秋楽の日で、
何もなければ、そろそろ会場入りしてる頃。
(ちなみにこのライブは「中止」ではなく5月に延期になりました。よかったです)

福島第一原発は、さらに危機的な局面を迎えてますね。
測定不能なほど高レベルの放射能を含んだ水が排出されてしまって、
しかもそれが6000tとかの量で地下通路に溜まって、
かつ、土壌からはプルトニウムが検出されてる。

うーむむ、これは正直、相当キツい。
ズバリ、核燃料(と、その核燃料を浸していた水)は、漏れてるでしょう。
困ったなあ。

でも、「炉心の格納容器が破損しているのでは?」という情報は、
今回の事故の相当早い段階から普通に存在していた
(TVでもちゃんと報道されてました)ので、
実はこれ、いまさら驚くには当たらない状況です。
いわゆる、想定の範囲内ってやつですね。

なので、現状況は「すでに起きてしまった事」として
冷静に受け止めるしかありません。
そして、この先、どういう事が起きうるか、という事を
これまた冷静に「先回りして」考えておいたほうがいい。

まず、現状。
なんたって、核燃料と、核燃料そのものを浸してた水が
ダダ漏れしちゃってるんですから、
そりゃあもう相当の放射能が出てきます。
しかたない。

でも、この時点では、少なくとも
放射能が「空気中に爆発的に拡散する」事はない。
水に混ざってるであろう懸案の「プルトニウム」も
極めて重い「重金属」ですから、そう簡単には飛びません。

なので、こういう書き方はある意味極めて失礼なのですが、
敢えて書きますと、
「核燃料(を浸していた水)が漏れてる」事それ自体は、
現場以外には、直接的な脅威ではありません。
ただ、水が絡んでいるので、
海洋汚染の可能性は相当高くなっている、それは事実ですが。

問題は、現場の放射能が異常に高ければ、

1、復旧作業が遅れ、
2、炉心の冷却作業が滞り、
3、炉心融溶がすすむ


という事が想定でき、
そうなると、

4、格納容器そのものが猛烈な熱を持ち、
5、容器そのものが建物の床を溶かして地べたに落下
6、水と反応して水素爆発を起こし
7、核燃料が「空気中に爆発的に拡散する」


という、サイテーの事態が起こる可能性を考えておく必要が出てきます。
東電も保安院も否定するでしょうけど、ホントはこれはすべて
当初から「想定の範囲内」ではあった、と思うのですが・・・・

なんにせよ、実にゆゆしき事態であることだけは間違いありません。

ただここで絶対に勘違いしてはいけないのは、
ここで起きうる爆発はいわゆる「核爆発」ではない、ということ。

核爆発、というのは、
物質の「質量」そのものがエネルギーに転換することで、
「普通の爆発」では全くないのです。


今回想定される爆発は、あくまでも水蒸気爆発。
究極まで熱せられて、かつ密閉された高圧の容器が冷たい水と接触。
容器内に一気に水蒸気が満ち、容器を破壊。
あくまでも「普通の爆発」です。

なので、この爆発によって引き起こされるであろう状況は、
1960年代に、アメリカやらフランスやらが南太平洋で
何十回となく繰り返した核実験が
プルトニウムを世界中にまき散らした状況とは
比較にならないほど小さなものです

(って言っても、まあ、もちろん、核爆弾と比べて、ですけどね)

これまた極めて失礼な書き方になりますが、
少なくとも200Km離れた東京に、
「直接的に放射能が飛来する」可能性はほぼない、と思います。
もちろん、風や雨が放射能を運んでくる可能性は極めて大きいですけど。

しかし、1960年代の核実験ってそんなにヒドかったの?
と思う人もいるかもしれません。
当時はホント、ヒドかったですよ。
小学校で、普通に、
「明日は放射能の雨が降るから、傘を絶対に忘れないように。頭ハゲるよ」なんて先生が言ってましたからw。

昨日今日は、テレビの報道番組で、
「通常、土壌に含まれるプルトニウムに比べて、今回の・・・」とか言う事を、
学者さんが平然と言ってますが、
実は「プルトニウム」なんて物質、
いわゆる自然界には殆ど全く、全然、存在しない
んです。

あったとしても、ホントに、天然のプルトニウムなんて、
ごくごくごくごくごくごく×10くらい微量。
だって基本的にプルトニウムっていう物質はもともと、
ウランの核分裂時に生成されてしまう、
ウランより原子番号が上(原子番号94)の「人工物質」なんですから
(このへんの話もそのうちします)。

要するに、ウランなければプルトニウムもなし。
だから、逆を言えば、
「通常、土壌に含まれるプルトニウム」があるってことは、
そのへんに「通常、土壌に含まれるウラン」があるってことになる。
ないないw!

それでも事実、「通常、土壌に含まれるプルトニウム」は存在するんです。
悲しい事に。
なんで??

これは、ほぼ全部(と断言しますが)昔の核実験の時にまき散らされたモノ。
プルトニウムの半減期は24,000年なので、
環境内にそのまんま居残っちゃってるのね。
あ、もちろん「直ちに健康に影響の出ない量の」、ですがw。

要するに、我々は、ずーーーーっと、
プルトニウムと「共存」してきてる
ってこと。

おー,FUCK!!

だから、「プルトニウム」って聞くだけでビビらないこと。

もちろん、「プルトニウム」ってすげえイヤな名前だし
(プルートーは冥界の王。日本語だったら、エンマニウム、とか?)、
ウランよりもデカい原子核を持ったこの不安定な物質は、
α線という、ヘリウム原子核(陽子2中性子2)と同じ構造の、
放射線としては極めてデカい粒子を出して崩壊していくので、
そばにあるとかなりイヤです。
どんなキレいな女性からプレゼントされても、絶対部屋には置いてはいけません。
α線はツブがでかいので、「殺傷力」は強いですからね。

でもツブがでかい分、透過力は極めて弱くて、紙きれ一枚で遮断可能。
つまり、外部被ばくは結構簡単に防げる。

怖いのはこいつを体の中に取り込んでしまった場合ですが・・・・
前にも書いたようにこいつは重いので、
直接吸い込んだり食べちゃったりする機会は、
気をつけているか、好き好んだ場合以外、そうはないと思います。

だから、とにかく、
「プルトニウム」という「名詞」にビビらないようにすることが、
凄く重要。
変な説得だよね。でもまあ、そういう事。

なんにせよ。原発事故の状態がここまでよくない方向に進んでしまうと、
もう我々に出来る事はほとんど何もありません。

現在の状況は、例えて言えば、
操縦不能になった飛行機に乗っちゃって、先行きが全く見えない状況。
福田は、1999年の夏に実際に経験しましたけどw、
そういう場合、乗客である我々は、ほんとーーーに何もできない。
とにかく冷静に、成り行きを見ているしかない。
とてつもなく歯がゆいですが、「専門家」に任せておくしかない。
だからこそ重要なのは、必要以上に畏れず、冷静でいる事。
そういうことです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


あー、それにしても。
なんで「原子力」というヤツは
こんなにも分かりにくいんでしょう。

そのそも、「原子」そのものがひどく分かりにくいですよね。

だいたい、「原子」は肉眼で見えない。
見えないどころか、人間のどんな五感を使っても
「原子」の存在そのものを確認することは出来ない。
手にとって、「おーこれが酸素原子!さすが、随分デカいね」とか
「跳ねてる、跳ねてる!すげえイキのいい窒素原子!」とか言えるような存在なら、
「原子」はもっとずっと身近に感じられるハズなんですが。

要するに、「原子」って、基本的に、
「現実世界」のなかでは、
理屈の上でのみ成立する存在

なんです。
「そういうモノがあるんだよ」と言われて、
初めて、ああ、そうなのか、そういうものがあるんだ、と思う。

もし、誰かに聞かなければ、人間は死ぬまで
「原子」なんてものの存在に気付かないハズです。

でも、そんな「不確かそうなもの」が寄り集まって、我々の世界は出来ている。
そんな「不確かそうなもの」が今現在、
とてつもない現実の脅威になって、
我々の前に、立ちはだかってる。

なんというか、実にイヤな感じがすると思います。

でもそのイヤな感じを跳ねのけるべく、
いっちょ、「敵」の正体を知ってやろう、と思い
「原子」についてもっと知ろうとすると、
これがまたひどく面倒くさい・・・
というより、またまた腑に落ちないことばっかり。

例えば。
福田が子供の頃の「原子モデル」というのは、
原子核の周りを、まるで衛星のように電子が飛んでいる、というタイプのものでした。

でも、現在は、「量子力学的に正しい」原子モデルになっていて、
原子核の周りにあるのは雲みたいなモヤっとしたものです。
(お子さんのいらっしゃる方は、中学の理科の教科書を見てみてください)

これはなぜかというと、実は飛んでいる「電子」というものは、
「今、ここにあります」と確認できないものだからです。
なんじゃそりゃあ!!と思いますよね。
なんで、あるものが「ここにあります」って言えないんだよ!!と。
でもそうなのです。
電子の位置は、「正しくは」確率でしか表現できない。
いま、ここにあるかもしれないけど、そっちにある確率もある、みたいに、です。
なので、雲みたいに表現します。

この、「現実世界」とのギャップ、すごいですよね。
いま現在、俺はテレビを見てる確率と
酔っぱらってトイレで爆睡してる確率が等しい、
とか言ったら、病院行けって言われますよ、間違いなく。

このギャップこそ、
我々が、「原子」の世界から遠ざかっていよう、と
無意識に(というか本能的に)選択する
基本的な要因なんじゃないのかな、と、福田は考えるんですが・・・

あ、クライアントから連絡が来たので仕事に戻ります。
話途中ですみませんm(_ _)m
ではまた〜!


2011/3/31  0:21

投稿者:同じ苗字デス
>ホントはこれはすべて
当初から「想定の範囲内」ではあった、と思うのですが・・・・

ですよね〜??
それを、ここの原発を建設するときからオープンに出来なかったことは(本当は絶対アカンことだが)5億歩ほど譲るとして、今回の地震の直後には「そんなこと言うてられへん!!」(スミマセン関西弁で・・・)とぶっちゃけて、早々にその「サイテー」の事態を踏まえて、世界中にSOS発信すべきだったのでは??

オトナの事情をわかってない言い草になるかも知れませんが。。。

気持ちを冷静に保つよう心掛けているつもりですが、これも、関西にいるから出来るのかも(私のような心配性の場合)。

「キベラから日本へ」の映像、キました。
無名の市民なので敢えて言います。
日本人が作る、被災者目線になってない応援ソングより、ずっと胸に沁みます。


2011/3/29  22:43

投稿者:爆じゅん
プルトニウムの話。自分で勉強すればいいんですが、めんどくさがり(というか、自力だと挫折しそう)なので、「(このへんの話もそのうちします)」を待ってます。(おいっ!)

>>とにかく冷静に、成り行きを見ているしかない。
なんですよねぇ・・・
でも、一つだけ。経済最重要主義で動くのだけはほんとーーーにやめて貰いたい。人命第一でお願いしたい。



2011/3/29  19:51

投稿者:まりまり
なげやりでもなんでもなくてね。持病でレントゲン撮りまくってる私は、はっきり言って、もう怖いなんて思わない。どんな結末であれ、共存するしかないじゃない。30年以上前、川は汚く光化学スモッグなんてしょっちゅうだった…でも今、汚かった川には鮎が住み、スモッグも激減した…減っていくのを待つしか無いんじゃないのかな? 個人レベルで減らせる事は、各々やるとしてね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ