2012/2/28

ゆうばりで見た映画:「怪談新耳袋 異形」  映画
クリックすると元のサイズで表示します
「怪談新耳袋 異形」 監督 井口昇

井口監督が、一切のスプラッタ描写なしで「ほんとにコワい正統派ホラー」に挑んだ全4話構成のオムニバス。とにかく、見てるお客さんが悲鳴をあげたら監督の勝ちっ!という極めて潔い姿勢で撮られてるのがキモチいい。実際、福田は亜紗美や中村有沙ちゃんのすぐとなりで見てたんですが、この二人、見事に監督の術中にハマって何度も椅子から飛び上がってたのでw、間違いなくかなりコワい映画だ、と言っていいでしょう。福田はさすがに飛び上がりまではしなかったですが、第4話に出てくる、日本人形抱いた女の幽霊は結構コワかった。見ながら、ホテルの廊下の曲がり角からあの人出てきたら相当ヤバい、とか思ってましたw。お話としては、真昼間に出てくる真っ赤なバケモノの話が好み。実際はあれが一番イヤな話。だって、日がさんさんと射してるリビングに、ドアあけて入ってくるんだよ。こえーよ、こりゃ!
主演のアイドルグループ「スマイレージ」の女の子たちは殆ど演技経験皆無で、演出にはかなり苦労したそうだが、さすが井口監督、その辺はちゃんと乗り超えてて立派。言うなれば完璧なデートムービーなので、彼女を誘う時は堂々とタイトルを言いましょう。ちょっと言いにくいけどね「かいだんしんみみぶくろ いぎょう」。音だけ聞いたらなに言ってんだか全然分かんないし・・・

2012/3/14  2:19

投稿者:同じ苗字デス
「ゆうばりで観た映画」の記事、ずっとさかのぼって読ませてもらってまして、「殴りこみ 東海道編」の次に「異形」の記事タイトルをクリックするわけです。
コワーい写真が出てきやしないか、ドキドキした・・・そしたらやっぱりコワいじゃないですかぁ(>_<)

だけど、スプラッターなしなら、ちょっと観てみたいなあ・・・井口監督が、どうやって怖がらせてくれるのか、その手法を観たいかも・・・

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ