2012/2/28

ゆうばりで見た映画:「ウルトラマンサーガ」  映画
クリックすると元のサイズで表示します
「ウルトラマンサーガ」監督 おかひでき

3年前の「ウルトラ銀河伝説」以降初めて、地球を舞台にしたウルトラマン映画。円谷プロのウルトラマンに関する変な「礼讃姿勢」が完全になくなっているのがまずポイント高し。そして、トータル的にも、非常に面白い映画です。予想を超えてました。スタッフのみなさんに拍手!

ナゾの宇宙人によってほぼ全人類が拉致され、宇宙人の「実験場」として殆ど無人の惑星と化した地球に残されたわずかな人数の「地球防衛隊」と子供たち。現れたウルトラマンダイナも善戦空しく「ゼットンのタマゴ」の中に吸収されてしまう。そんな絶対の危機的状況の地球に、別宇宙からウルトラマンコスモスとウルトラマンゼロ、そしてDAIGO演じるお調子者だが腕のいいパイロットが(偶然)やって来る・・・。
「地球防衛隊」の「隊員」を演じるのは、秋元才加をはじめとするAKB48のメンバー7人。重機型ロボットに乗って活躍するガタイのいい(って書くのも失礼だけどw)秋元才加、普通にカッコよし!・・・なのだが、いったいこの設定、どうするんだろうと思ってたワケですよ、途中まで。だって、なんでまた女子が7人?しかもそれがなんで「地球防衛隊」?で、なんで子供たちが一緒?
ところが、この設定、途中でうまーく説明されちゃいました。しかも、福田のツボに入るパターンでw。正直言ってこのシーケンス、ちょっとウルっときました。ちょっと強引なんだけど、これでいいと思いました。悔しいなあwシナリオ、いい!練れてます。DAIGOとウルトラマンゼロの関係性もとても面白く描けているし、あくまでも「ジュブナイル映画」である、というスタンスが全編を通して崩れていないのも素晴らしい。率直に言って、今まで作られた「ウルトラマン映画」の中では多分一二を争う傑作でしょう。福田は「ウルトラ銀河伝説」が物凄く好きなので、ギリ、2番目かもwでも1番、って言っても全然問題ないな・・って言うわけで、1番!3Dでも見てみたいっす!

2012/3/18  1:25

投稿者:同じ苗字デス
すみません、ここに書くのもナンですが・・・
「ウルトラゾーン」1、抱腹ゼットン、いや間違えた、抱腹絶倒でヘビロテ鑑賞中です!!
これはスゴい!!傑作だぁ(>_<)
続きが楽しみーー☆

2012/3/1  21:31

投稿者:JOE
お久しぶりでございます。

ゼットンですか?なんかカッコいい。

ウルトラマンシリーズに関しては

やはりピアノ線が見えるのが

自分的にはゾクッときます(笑)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ