2012/4/13

許さんぞ、このバカ  
昨日、このブログの「先生を流産させる会」の記事に寄せられた「らるふ」という人からのコメントを削除した。
本当に、反論するのもバカバカしい程幼稚極まりないコメントで、単純に削除したのち徹底的に「シカト」していようと思ったのだが、このブログ上で福田が何ら意思表示をしないのもなんだかスッキリしないので、別記事として立ち上げておく。

そのコメント、あまりの下らなさに二度ほど読んで消してしまったので正確な反芻も反駁も出来ないのだが(この点に関しては明らかに冷静さを欠いた自分を恥じている)とにかく、見てもいない映画を頭から否定するというその一点においても、愚劣極まりない内容だった。

しかも、この映画を頭から否定する理由が「『流産』なんて不快ことをテーマにすること自体が許せない」という、典型的「思考停止型思考」に基づくもの。
あのな、
だったら「死」や「殺人」はどうなんだ。
「犯罪」はどうなんだ。
「不倫」はどうなんだよ。


ありとあらゆる、反モラル、反社会的な要素を語る事で、
小説も演劇も映画も、無数の「豊かなドラマ」を生むんだよ。
あんたの言ってる事は、明確に、全芸術の否定なんだよ。
まあ、こんな事言っても、分かんねえんだろうけどw

こんな当ったり前も当たり前の事をワザワザ書いている自分が情けない(-0-;
本当に、この世には救い難いバカがいるんだな。
俺はあんたのようなバカは本当に許さない。
100%、俺の「敵」だ、と認定。

何の容赦もしない。

と、宣言した上で、
あんたの言説には今後一切とりあわないことにする。
だって疲れるもんなw

バイバイ、くそったれ。
せいぜい「倫理的」な、ステキな人生を送ってくれ。

2012/5/5  1:35

投稿者:fukuda
またこういう人が出ましたか・・・・
冷笑主義っていうんですかね。
スルーしてるのがカッコいいというか、
そういう考えの人ね。
時代遅れのニヒリスト。
すみませんが、俺はそういう考えには組しません。
バカでOK。だって、このブログ、そもそもタイトルがバカデミア、ですからw。

俺は売られたケンカは買う主義です。
で、ついでに言うと、こいつ間違ってる、と思ったら
たまにはこちらからケンカも売ります。
もちろん、名前も出自も全部さらして。
福田はそういう人間です。
バイバイ、ニヒリストの匿名さん。
以上。

2012/5/1  19:20

投稿者:h
「敵」だと認定した時点で、相手のことを認めたことになりますよ。
「敵」って、自分と同等か、それ以上の存在をさすものだと思いますから。。
本当にバカだと思うなら、ハナから相手にしない方がいい。
こうやって書く事自体、相手を喜ばせるだけですから。
ただ自分と合わない人間をただ「バカ」と決め付ける人も、十分「バカ」だと思いますけどw

2012/4/14  14:34

投稿者:同じ苗字デス
一週間ぐらい前かな?この人のコメント読んで「あ〜あ〜あ〜あ〜、こんなコト書いちゃってるよ…」と嘆息をもらしてました(-.-;)
幼稚な文だなあ…とも感じた。
「fukuda氏の目に留まらなきゃいいのだが…」とも。

私の記憶では「徹底的に抗議、反論する〜!!」と言うニュアンスではなく「〜〜しないほうがいいですよ」的な表現で、それが余計イヤ〜な印象だった。
fukuda氏は「流産」と言う言葉がこの作品で使われている事に関しても、非常に丁寧に自分の気持ちや考えを述べておられるのに、らるふサンはそこもスルーしてるように感じました。

作品を見てないわ、fukuda氏のレビューをちゃんと読んでないわでは、ホントお話になりませんよね。

まるでヤ○ーの「この記事へのコメント」みたいなコメントだった(-_-)

2012/4/14  12:51

投稿者:さち
「思考停止型思考」ですか。なるほど。
ブログは去年から時々拝見しています。
特に震災直後の福田さんの考えは参考になりました。
以前「震える舌」のことをトラウマ映画と呼んでいましたよね。私も小さい時にみました。とにかく破傷風は怖い!としっかり頭に残ってます。
怪獣にはソソられない私ですが、「人間」はずっと研究・観察対象です。題名からはとても名作と感じられず何とも思わなかったのですが 福田先生(笑)がそれほどお勧めする映画、どうなんでしょう、観てやるか(失礼)と思っていたんですよ。5月からですね。
これはいい!とオススメのものがあれば、引き続き紹介していって下さいね。

2012/4/14  10:51

投稿者:まめ
お元気そうでなによりです。
福田さん 久々のブログの更新 ありがとうございます
福田さんは音楽的才能もあり 文才もありのすてきなお方ですね。
特に 気に入らなかったマイナー映画を酷評する文章には爆笑してます。(*^_^*)


2012/4/13  23:10

投稿者:悪い子
お風邪は治りましたか。怒る元気もでてきて、私も怪獣に興味を持ちつつ、怪獣ごっこができる日を願いつつ、流産か。重たいテーマですね。どんな映画かな、見てみたい。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ